こじこじこじか

白ゆき姫殺人事件のこじこじこじかのレビュー・感想・評価

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)
4.0
容姿端麗、仕事もできて誰にでも優しい1人の女が殺害される。そんな美人OL殺害の容疑者となった城野美姫。彼女の人となりがSNS上で魔女のように語られ形作られてゆく。城野美姫はシロか?クロか?

被害者・容疑者の後輩や上司、容疑者の友人や知り合いの証言を基に物語が構成されていくのは湊かなえのお得意の手法。それを中村義洋が丁寧に映像にしている。

架空のSNS上のやり取りが時々流されるのだが安っぽくて残念だった。それから、マスコミの事件の扱い方も慎重さに欠けていて残念だった。安っぽさはあるものの、全体を通してみるとうまくまとめられていて最後まで飽きずに観られた。

僕も世間一般の物の見方をしていたんだと気付かされた。情報を扱うことの恐ろしさや難しさがあると改めて感じた。