白ゆき姫殺人事件の作品情報・感想・評価

白ゆき姫殺人事件2014年製作の映画)

上映日:2014年03月29日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

誰もが認める美人OLが惨殺された。この不可解な殺人事件を巡って、一人の女に疑惑の目が集まる。同期入社の地味な女性【城野美姫】。テレビのワイドショー取材により、美姫の同僚・同級生・家族・故郷の人々がさまざまな【噂】を語り始める。過熱するテレビ報道、炎上するネット、噂が噂を呼ぶ口コミの恐怖。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも…!? 原作は『告白』『北のカナリアたち』と映画化が続く湊かなえ…

誰もが認める美人OLが惨殺された。この不可解な殺人事件を巡って、一人の女に疑惑の目が集まる。同期入社の地味な女性【城野美姫】。テレビのワイドショー取材により、美姫の同僚・同級生・家族・故郷の人々がさまざまな【噂】を語り始める。過熱するテレビ報道、炎上するネット、噂が噂を呼ぶ口コミの恐怖。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも…!? 原作は『告白』『北のカナリアたち』と映画化が続く湊かなえによる傑作長編。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』など複雑な物語を巧みに描く名手・中村義洋。映画独自の表現を盛り込み、誰も見たことがない重層的なサスペンスが誕生した。 疑惑を集める主人公【城野美姫】を演じるのは、井上真央。ワイドショーのディレクター【赤星雄治】役に、綾野剛。美姫の後輩で、旧知の赤星に情報を与える【里沙子】役に蓮佛美沙子。謎の死を遂げる美人OL【典子】役に、映画初出演となる菜々緒。さらに、貫地谷しほり、金子ノブアキ、谷村美月、小野恵令奈、染谷将太、生瀬勝久ら、個性溢れる豪華キャストが適材適所に散りばめられた。 膨らむ妄想、ねつ造される記憶、拡散する悪意。動機は嫉妬か?恨みか?凶器は?はたして容疑者【城野美姫】はクロか、シロか!?

「白ゆき姫殺人事件」に投稿された感想・評価

KiyoeSaito

KiyoeSaitoの感想・評価

2.0
前半と後半の違い
本人とそうでない人の違い
ネットと手紙の違い
色々と考えさせられましたが、
菜々緒は使い勝手が良い、
美人キャラなんですね。
演技はそんなに上手くないから、
ストーリーに響かない。
ねる

ねるの感想・評価

4.1
最後までドキドキしながら見れました
予想が全くできなかった
ゆ

ゆの感想・評価

3.8

原作を読んだ上で鑑賞。


原作は本の形式から少し外れた感じで読みづらかった印象を受けたので、映画で見た。


井上真央は不幸な女役が似合うし、菜々緒は嫌な女役が似合う。あとは個人的に貫地谷しほりがいい味を出してると感じた。


原作ではTwitterの表現が少し無理やりというか見辛く感じる面もあったが、映画では解消されており、見やすかった。(ただいっしょに2人の人間が喋ってしまうところは何を見ていいのかわからなくなった)


最後の最後のどんでん返し、ただのミステリーかと思いきや、真の友情を確認することができたり、深い話だったのでこれを映画化したのは正解だと思った。
鑑賞済み
Go

Goの感想・評価

2.4
【女性の社内バトルが最終的に物理攻撃で決着しました!】

そんな感じで
◆女性のプライドバトルと微妙なパワハラ
◆気持ち悪い社内恋愛
◆ツイッタラーの熱い手のひら返し
主にこの3つを主軸に クズばっかりの登場人物による ダラダラと陰湿な人間関係を見せられます.
中途半端に原作小説を読んだ限りでは なかなか忠実に再現されていると思います.

だからこそ惜しいんですよねぇ
事件を報道する劇中ワイドショーのデキがよくて 本物のテレビ番組みたいなんですよ!
生瀬勝久さん実際にワイドショーの司会やったほうがいいんじゃない?みたいな笑
そのぶんドラマパートがチャチく見えちゃって残念な感じがしました.

あのワイドショー(っぽい映像)を作れるなら 原作をそのまま映像化するよりフェイクドキュメンタリー形式にした方がよかったんじゃないの?

盛り上がりに欠けるうえ わりと「私犯人わかっちゃったんですけどぉ」といった感じでしたが 俳優さんは美人&かわいい人ばっかりだし頑張っていたので☆2.4で.
菜々緒さまがお美しい
人の言ってることなんてめちゃくちゃ脚色されててほんと信用ならねえなっておもった。面白かった。
りさ

りさの感想・評価

3.4
ふつう
Mimily007

Mimily007の感想・評価

3.0
ネットは恐ろしい((((;゜Д゜)))
人間みんな、都合のいいように嘘をつく…
>|