westtribe

7番房の奇跡のwesttribeのレビュー・感想・評価

7番房の奇跡(2013年製作の映画)
3.9
(劇場公開時の感想です)

内容的にはあり得ない話でしたが、映画はこれぐらいでいいのかも、と思いました。

韓国映画にありがちな「泣かせ」演出が気にならないと言えばウソになるし、ツッコミどころもいろいろありますが、子役の可愛さですべて許せます。
ステレオタイプの描写であっても、同房者たちの優しさが胸をうち、被害者の父親の苛烈さが胸をえぐります。

同じ時期に観た「新しき世界」といい、最近の韓国映画はパワーがあるなあ、と思ったのを覚えています。