REY

7番房の奇跡のREYのレビュー・感想・評価

7番房の奇跡(2013年製作の映画)
4.0
これはヤバイ…
終わってからもやるせなさで
どんよりした。

知的障害を持った父と
娘の悲しい物語。 
これは泣けます💧💧💧

子供殺害したと無実の罪をきせられ
投獄された父。
入れられた7番房は
もちろん犯罪者悪人ばかり…w
そこの親分を命がけで
助けた事から娘が忍び込む事に成功する。
実際はあり得ない様な話。でも
この親子と接する事で
囚人達や課長が変わっていく姿が
微笑ましかった。

殺された子供の父は警察のトップ。
子供を失った悲しみを無罪のヨングにぶつける事に異常なまでの執念を燃やす。

権力の前では間違っていても
言いなりになる人達。
無罪と分かっているのに‥
理不尽な事を正せない無力さ‥

たまらなく切ないわ💧
でも心が暖かくなる作品です。

子役の女の子の演技が凄い!!
脇を固める人達も素晴らしかった

ほんと近年日本の邦画は
韓国にまったく勝てない

ホームシアター 吹替

#7