Saki

蜩ノ記のSakiのレビュー・感想・評価

蜩ノ記(2013年製作の映画)
3.6
邦画且つ時代系且つ岡田くん出てる系映画はあまり好みではないけど、これはジワッときました。

四季折々の美しさや、揺れ動く感情の描写が「うまい!」と感じました。
これぞ日本の映画。
その時代の日本独特の忠誠心、プライド、身分、家族の形etcがありのままに映し出されていた。(ありのままと言いましたが私は当時のことは知らない。無駄に派手に演出していないという意味合いでありのままを。)
褒めすぎな気もするけど他の国の人に日本映画として見てもらっても良いと思える映画。

展開は割とベタだから読めたけども、素直に感動しました。

「桃栗三年柿八年、柚は九年で花が咲く」のシーンがお気に入り。
私、桃栗三年柿八年で実が成るんだと思ってました。
花なんですね。美しい言葉。