優しいアロエ

胸騒ぎの恋人の優しいアロエのレビュー・感想・評価

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)
4.0
〈途絶えてはまた燃える“寛容な三角関係”〉

 グザヴィエ・ドランが自身の恋の残灰を、ポップミュージックと単純鮮烈なカラーリングで彩る。

 前作『マイ・マザー』同様、ゴダールのような実験的介入が表面を覆うが、その中身は決して軽やかなものではなく、もっとじっとりとしたパーソナルな葛藤と苦々しい記憶を再現している。(ウォン・カーウァイにも影響を受けているようだが、生憎まだ観ていない...)

 また、本作は亀裂の生じない三角関係を描いた点で、『突然炎のごとく』『はなればなれに』に近いものがある。しかし、これら二作とおおきく異なるのがその構図だ。本作はひとりの女に男Aと男Bが想いを寄せるというオーソドックスな関係ではなく、男Aをめぐってゲイの男Bと女が絶妙な距離感で見えない火花を散らすのだ。

 いっそ完全に燃え尽きてしまえばよい燃殻に最後、またボッと火がつく。新たな恋の予感。前進せざるを得ない前進はなんとも悲喜劇的な余韻を残す。