おーしー

それでも夜は明けるのおーしーのレビュー・感想・評価

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)
3.6
これが実際に起こった話だとは。
突然さらわれ奴隷として人間とは扱われない生活。
邦題の「それでも夜は明ける」って明るい未来を示しているみたいで違う気がするなぁ。
主人公は確かに抜け出したけど、置いていった仲間のことは忘れないだろうしこの劇中で奴隷制度が撤廃されたわけでもない。

主人が鞭を打ちながら「これほど気が晴れる遊びはない」と言っていたけど、はたしてそれは本心だったのか。
全く晴れない顔に、いったいあの制度は誰を幸せにしたのかと疑問でならない。