あっしー

それでも夜は明けるのあっしーのレビュー・感想・評価

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)
4.0
主人公は幸運にも生きて生還して家族に会えてハッピーエンド。でも、後に残された他の奴隷たちのことを考えてしまうと素直に感動できない複雑な気持ち。
今は奴隷制度は悪だというのは当たり前といってもいいと思います。でもこの映画の時代はその意見は少数派で、その発言が許されない時代。時代によって当たり前のことは変わっていきますが、それが良い方に変わるならいいけど、その逆もあるのではないかと考えると恐ろしいことだと思いました。