martroniks

それでも夜は明けるのmartroniksのレビュー・感想・評価

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)
3.6
長回しがとても効果的に使われていて、俳優の演技も素晴らしい(特にポールダノ。マイケルファスベンダーの、瞬きせず問い詰めるシーンも良かった)とは思ったけど、人種差別ものとして特別新しい描写がある訳ではないと感じた。
  
ただこういう作品を観ると、数年前に冷凍餃子に毒物が混入されるという事件があった時、町で見かける中国人労働者をまとめて蔑視していた自分を思い出す。
もちろん彼らは犯人とは全く関係無いんだけど、彼らの日本人とは少しズレた立ち振る舞い(声がデカいとか集団行動とか)が目について仕方なかった。その後、思わぬ形である中国人留学生に精神的に助けてもらう事になり、中国人というだけで差別的な意識を持った事を猛省する事になるんだが。
  
大事なのは、過去の過ちから学習して繰り返さない事だと思う。