ほ

それでも夜は明けるのほのレビュー・感想・評価

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)
4.0
「おもしろかった」とか、「感動した」とか、ぜったいにそういうんじゃなくて、奴隷について、信じたくなくて詳しく知ろうともしてなかった私には衝撃的すぎる事実について描かれた作品でした。

内容は、ショックすぎる事実ばかりで観ていて息がつまりそうになるけど、この事実についてもっと知りたいと思わずにはいられないです。

映像があまりにも残酷でそれにリアリティもあって何回も目を背けてしまった( ; ; )それにしても邦題の「それでも夜は明ける」ってのはなんか違う気がするな〜。別に明けた訳じゃないのでは...。