R

それでも夜は明けるのRのレビュー・感想・評価

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)
5.0
人種問題、奴隷制度。
日本人には疎いこの問題がテーマになっている。

実際にこうゆう出来事があった時代と比較すると、今の時代がどれだけ豊かで平和な時代なのかを確認できる。

ラストシーンがとても印象的だった。
奴隷から抜け出すチャンスがきて自分だけが助かると分かれば、なりふりかまわず他の人には気にも止めない。そこがリアルでなんとも言えない気持ちになった。