すとんこ

それでも夜は明けるのすとんこのレビュー・感想・評価

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)
3.0
悪い白人に嵌(は)められて奴隷商人に売られた黒人の、12年間に及ぶ過酷な奴隷生活を描くって話☆実話!

奴隷制度なんて非人道的な制度のもと、人が人を支配する黒歴史があった事実。
でも、肉体的な暴力が無いだけで、反抗を許さず、従順さを求める社長や役員たちに支配される会社組織の構造に近いものを感じます。見ててツラい。

そして、本作のもうひとつの暗黒ポイントは、自由黒人という名のもとに黒人同士でも格差があることを描いたところです。
おそらくソロモンも、自身が奴隷の身に落ちることがなければ、南部で行われている奴隷制度なんて他人事、対岸の火事として考えていたでしょうし、奴隷解放運動に加担する事も無かったと思います。胸がキリキリします。

今も根強く残る人種差別、格差差別など様々に差別がありますが、のほほんと無自覚に生きてきたわたくしの横っ面をパチーンっとひっぱたくような一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
ソロモン・ノーサップ/プラット:キウェテル・イジョフォー
エドウィン・エップス:マイケル・ファスベンダー
ウィリアム・フォード:ベネディクト・カンバーバッチ
ジョン・ティビッツ:ポール・ダノ
セオフィラス・フリーマン:ポール・ジアマッティ
パッツィー:ルピタ・ニョンゴ
メアリー・エップス:サラ・ポールソン
サミュエル・バス:ブラッド・ピット
アームスバイ:ギャレット・ディラハント