それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

拉致され12年間奴隷にされた自由黒人のお話
絶対見ないと駄目だと思う。

DETROIT,
Get Out,
Hidden Figures,
Son of Saul
あたりも
hiyori

hiyoriの感想・評価

4.0
どこまでも広大な美しい自然と、エゴイストな思想を持つ残忍な人間達に囲まれている徹底された孤独を肌で感じた。
観るに耐えない長回しのショットには奴隷制度の惨状を絶対に撮るんだという覚悟と撮らなければならない責務のような監督の強い意志が込められていた。時代の流れに逆行しながらも、真実を映し出したのだから作品賞は間違いない結果だったと思う。
最後に残るのは安堵と憤りだけだが、ただ非道徳的な歴史と暴力を描きたかっただけではなく、人間が普遍的に持つ愛に対する信念が顕在していた。
たま

たまの感想・評価

4.0
重いテーマに今まで見ないで(見れないで)いた。意を決して見てみたけど、想像通りの理不尽さと人権もヘッタクレもない世界に耐えた2時間だった。
想像していなかったのは、主人公が拉致され南部に売られて行ったこと。ニューヨークでは教養もありそれなりに裕福な生活を送っていた黒人がいた事に、南部と北部ではこんなにも違っていたのかと、ただただ驚くばかりだった。

ポール・ダノの愚かで卑怯者で気弱なのに空威張りする様や、マイケル・ファスベンダーの黒人を所有物としか見ず攻撃することで憂さを晴らす様の狂気に、人間はどこまでも残酷になれる生き物なんだと思った。

主人公は12年間の地獄の奴隷生活だったけど、残された人達は死ぬまで抜け出すことは出来なかったんだろうと思うと、ルピタ・ニョンゴの悲痛な表情がこちらまで後ろ髪を引かれるような気持ちになった。
ワン

ワンの感想・評価

4.4
人間は過去の過ちから学んで成長しなければいけない。義務教育で歴史を学ぶのはそういうことだって思ったしんよー!
これはヒドイ。
大学のAVLibraryで見る最後の映画かな。
私だったら、それでも夜はあける、と生きながらえることができただろうか。人間としての尊厳を踏みにじられるって相当しんどい。2世紀たっても、人種差別をする人間はまだ存在するし、人間は劇的に変わる生き物ではないのだと思う。それでも、私達は過去から学ぶことが出来る生き物だと思うから、未来はもっと明るくなると信じたい。ブラピがいい役を演じているし、根本的だけどいいこと言ってる。
生まれた所や皮膚や目の色で、
いったいこの僕の何がわかるというのだろう…?

歴史が僕を問いつめる。
まぶしいほど青い空の真下で~
最初からしんどかった。
生命倫理で人格の勉強をした時、「黒人の人たちは奴隷として扱われていたから、自分自身でも自分に尊厳が持てなかった」ということを学んだ。前も差別や奴隷の映画を見てもう見たくないと思ったけど、多分これからも見続けるんだと思う。経験ではなく、歴史に学びたい。
聖書では身分の低い人が1番尊いとされていた(はず)という事実を奴隷に適用してて、なんかもう、やめて欲しかった。
けどブラピかっこよかったーーー!!
悪いことをしてと、少しでも良心があればそれを正当化しようとして、罪悪感を消そうとしていろんなことに逃げるっていうの、なるほどと思った。
>|