それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

差別というより「運や宿命」、「暴力」には抗えない恐怖を感じさせられた。

悔しいけど人は「生まれた時代」、「場所」、「環境」によって人生の苦楽や幸や不幸はほぼ決まってしまう。

現代においてもアフリカでは飢餓や貧困にあえぐ人達がいて、中東ではテロや爆撃、拉致に怯えて戦々恐々と暮らす人もいれば、欧米の金持ちの2世はバカでかい家に住み高級車やクルーザーを乗り回して贅沢三昧な生活をしている人もいる。日本もバブル期には豪遊できたが、今では質素な生活を強いられている。こういった努力ではどうしようもない運というものに人生を大きく左右される不条理な現実にはやるせなくなる。

基本的に金持ちの子供はずっと金に不自由しないし、貧乏人の子供はずっと貧乏である。成り上がりの成功者は一握りであって、大半の人間は生まれ育った生活レベルと同程度の生活をし続けることになる。嫌だなぁ~。
奴隷達も奴隷から抜け出す手段や知識も無いから一生奴隷として扱われ先祖代々孫末裔までずっと奴隷なのだ。

主人公を除いて奴隷達が暴力や不当な扱いに対して反抗もせず黙って耐えているのを見て「学習性無力感」という実験を思い出した。
これは回避困難な電気ショックを繰り返し与えられたイヌは、回避できる電気ショックを与えられた場合でもその電気ショックから逃れようとしなくなるという実験結果である。
つまり自分がどんなに努力しても苦しみから逃れられないと学んでしまい絶望し無力感に陥り、逃げるための努力をすることもできなくなる状態になる。
奴隷達もこの状況に陥っている。(そりゃ肉が抉られる程ムチで叩きまくられたら恐怖で服従せざるを得なくなる)ナチス強制収容所の囚人達も同様だ。

暴力は人を無力化し、判断も思考も意志も削がし操り人形にしてしまう。

仕返しが怖いという理由でいじめやDVから逃れられない人達も大勢いるわけだし、人を支配するには暴力が最も有効で手っ取り早いため、暴力による支配は世界中の至る所でこれからも変わることなく行われ続けるのだ。

やっぱり金と暴力が最も強大なパワーを持ってるんだなぁ。嫌だなぁ~。
デトロイトという映画でも黒人差別はあったが、こちらは人種差別全盛の時代。衝撃的なシーンが多かった。当時において自由黒人という立場もあったことは知らなかった。
久しぶりの映画
テストで病んだ心が浄化された〜
めちゃくちゃ泣ける
こーゆーことがあったと思うとほんとに心が痛い
マ

マの感想・評価

4.0
ブラピのスーパーヒーロー感とぜったい裏切らないであろう安心感
bob

bobの感想・評価

4.3
過去の人間の愚かさをこの映画が教えてくれている。だが、今日でもこの人種差別を感じてしまう。戦争しかり、人間は過去から多くを学んでいるはずなのに、繰り返しているような気がする。衝撃の実話だった。
yoshika

yoshikaの感想・評価

4.1
歴史を知らなかったので、初めて見たとき黒人の差別についてショックを受けました。
人生に一度は見たほうがいい映画です。
Tommy

Tommyの感想・評価

3.6
マドリード からバルセロナへの移動の電車内で観賞。

観ていて辛くなったけど、重厚な良作
本当の絶望、本当の差別。差別語るならこれを見ろ!
奴隷制度に支配されてしまった黒人の話
>|