Yuya

ウォルト・ディズニーの約束のYuyaのレビュー・感想・評価

3.7
苦悩が先か…才能が先か…
答えのない問いかけは置いといても 素晴らしい作品や芸術家の陰には 苦しみにも似た記憶や経験があったりなんてよくある話
どっかで心の解放や克服を願ってるからこそ 名作が生まれるんだろうって つくづく教えられる作品だったなぁ
何だか もう一度ディズニー版『メリー・ポピンズ』を観たら 全く新鮮な視点で楽しめるような気がする
作曲家コンビや パメラが歌いだすシーンは劇中のエレンやブリルを擬えてるようで 作品同士が重なってくる素敵な印象を与えてくれた
しかしまぁ トム・ハンクスって俳優は淡々と人物になりきってしまうと言うか…実在の人だろうと その特徴や生き様のようなものをスゥーっと吸い込んで 自分流にキャラクターを吐き出してるみたいに 観客に人物像のインスピレーションを突き付けてくるよね
今度ウォルトをイメージしたら もうトム・ハンクスの顔しか浮かばなくなってしまった…