ウォルト・ディズニーの約束の作品情報・感想・評価

「ウォルト・ディズニーの約束」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
中途半端だった
とり

とりの感想・評価

3.8
「彼らは家族」何よりこれは全て"父(と私)"についての物語、凧を上げよう♪だからか、ここにはボクが大人になりきれない大人で『メリー・ポピンズ』が好きな理由がつまってるみたい。見る前は原題の意味が分からなかった。「彼女はすべて」トラヴァース夫人、冒頭から何とも言えない胸騒ぎがする。前にも感じたような。トム・ハンクス×エマ・トンプソンにコリン・ファレルおまけにポール・ジャアマッティ&ジェイソン・シュワルツマンという最高にチャーミング全開すぎるキャスティング。トラヴァース夫人のキャラクターが最高に映画映えして魅力的な上に彼女の過去が見えてくるほどより素晴らしい人物となり共感せざるをえない。ファンタジーにはそこに至るまでに立ち直れるようなものじゃない傷とそれと向き合う膨大な時間あり、またあの日の自分自身を許す過程。だからこの魔法はこんなにも時が経っても廃れることはない。色んな姿が勝手に投影されていき自分の中でもダブっていき泣いた。僕たちはまたメリー・ポピンズという人物とこの作品をもっともーっと愛していくんだ。

梨「雨は生命をもたらす」「太陽もです」「紅茶をポットで」「メリー・ポピンズと呼ぶこと。軽薄なミュージカルなど論外よ」「メリー・ポピンズは歌いません。愚かな歌はお断り」"I love Mary Poppins." "Does it matter?" 「娘のために男は髭を剃らないと」スウォッシャ「スプーン一杯のお砂糖でどんな薬もへっちゃら」「またクビなの?」金「この世は幻に過ぎないんだよ。金なんか信じるな、苦しむことになる」"Mouse is a family."「人はみんな心に子供がいる」「あなたが言う通り美しい景色だわ」「ジェーンはどんなことでもできるのよ」亡くなったの「梨を落としちゃった」「人生はあなたを失望させた」"I have my own Mr. Banks"「あんな過去を思い出すことに疲れた。悲しい過去をそろそろ終わらせるべきでは?」想像力で悲しみを癒す"Enough."
TOMATOMETER79 AUDIENCE84
Critic Consensus: Aggressively likable and sentimental to a fault, Saving Mr. Bankspays tribute to the Disney legacy with excellent performances and sweet, high-spirited charm.
chloe

chloeの感想・評価

4.0
いい俳優さんばかり。
メリーポピンズを見ておくべきでした。
okyawaman

okyawamanの感想・評価

3.8
世界観👍
ウォルト D イズニー
「メリー・ポピンズ」は子供の時に観たけど大好きな作品。
誕生秘話が知れて良かった!
naya

nayaの感想・評価

4.1
完全にメリーポピンズの見方かわる(T . T)
クリスマス、久しぶりにメリーポピンズに決定やわ、
つよ

つよの感想・評価

3.5
原作者と映画作りの裏側が面白い。
「メリーポビンズ」も気になる。
三重野

三重野の感想・評価

3.8
ウォルトディズニーが確信した通りメリーポピンズは今でも楽しめる名作。
泣いてしまった
メリーポピンズを見なければ。
邦題はこの映画が伝えたいことを誤らせてしまうかもしれないから少し危険な気がする。
なにはともあれ、またメリー・ポピンズを見たくなってしまった。
>|