ウォルト・ディズニーの約束の作品情報・感想・評価

「ウォルト・ディズニーの約束」に投稿された感想・評価

つん

つんの感想・評価

3.8
オリジナルの「メリー・ポピンズ」が大好きなので、響いて沁みて仕方なかった。
あの原作者がいてくれたおかげで、あんなに素晴らしい映画が生まれたんだなぁ。
そして、それに応える素晴らしいスタッフの努力の賜物。
とにかく、サントラが素晴らしいので、秘話が知れて余計に好きになった。
メリー・ポピンズはただの優しいナニーではなくて、意地悪なところやシニカルなところが好きなので、原作者の性格が反映されているんだなぁと納得した。
大好きな暗い色合いも派手すぎない雰囲気も全部影響あってのことなんだね。
ウォルト・ディズニーの根気と人柄にも救われたんだなぁ。
また、何度もメリー・ポピンズを観たくなる。
そして、メリー・ポピンズ リターンズを観たら、彼女は激怒するだろうなぁと思って笑えた。

このレビューはネタバレを含みます

コリン・ファレルの映画になってる。
号泣した。


ウォルト・ディズニーは人生を楽しむ天才。
UTA

UTAの感想・評価

4.1
アナ雪ブームのせいで目立たなかった隠れた名作
これだけ意固地で嫌味な主人公はディズニー映画には珍しい。
ただそれすらも洗い流してしまうくらい物作りというものは素晴らしく、やり甲斐のあることなんだと教えられた。
ryan

ryanの感想・評価

-
ディズニーの『メリー・ポピンズ』が好きな人がみると感慨深く、泣けてくる。また『メリー・ポピンズ』が観たくなりました。
YutoSuzuki

YutoSuzukiの感想・評価

4.3
メリーポピンズに泣かされたのは3作目
いわい

いわいの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

メリーポピンズを観たことがなかったけれど、楽しめた。きっと、メリーポピンズを観たことのある人はもっとおもしろいと感じる。メリーポピンズが観たくなった。




トレバースはメリーポピンズを作った。ウォルトディズニーは、メリーポピンズを映画化したくて、彼女に承諾を得ようとLAに来てもらった。承諾はしていないけど、一緒に作っていくことになった。トレバースはとても頑固で、常に歌や物語のダメ出しをした。ウォルトは必死に彼女の承諾を得ようといろんなことをした。ディズニーランドに連れていった。いい感じに承諾をえれそうになったとき、一部アニメにすることがバレた。彼女はメリーポピンズのアニメ化は断固反対をしていた。彼女は怒ってイギリスに帰るが、ウォルトは追った。ウォルトは彼女のことを理解し、メリーポピンズは空想の世界ではなく、彼女自身の話と聞いた。話していくうちに、心が晴れ、彼女は承諾をした。

トレバースの父親は自由人で、職を転々としていた。銀行に勤めだしても、なんだかあわない。アルコール中毒のようになって、お酒を常に飲んで、急に大声をだした。母親は父親の姿に疲れて死のうとするが、トレバースがとめる。銀行のイベントがあった際、父親は緊張のあまりお酒を飲み、スピーチをするときへまをした。父親は病気になり、ベット生活。あるとき、おばがきて、汚い家を綺麗にして、今の現状を変えていった。しかし、父親は死んだ。
メリーポピンズの直後に見たからめちゃくちゃ面白かったし相乗効果すぎる
見てなかったら半減しそうというかわけわかんなくない?原題もsaving Mr. Banksだし、全然ウォルトディズニーの約束よりもsavingバンクスの方が大事やんとか色々思ったけど、私もでっかいミッキーと寝たい
めちゃくちゃいい話だった。ウォルトディズニーやっぱり偉大すぎる。
せっち

せっちの感想・評価

4.3
歯に絹着せぬ物言いのトラヴァース夫人とウォルトをはじめとした面々のやりとりは見もの。自分の生み出した作品・キャラクターを譲り渡すということはそれだけの覚悟と信頼が必要なんだなと思ったし、作品に隠された親子の絆と夫人の想いが心に響いた。

これからメリーポピンズを鑑賞するのだが、本作を観るのと観ないのでは印象も大きく変わるのではないだろうか。登場人物への感情移入をはじめ、より深くメリーポピンズを理解できるはず。楽器の製作過程も楽しく見れた。
>|