大統領の執事の涙の作品情報・感想・評価

大統領の執事の涙2013年製作の映画)

LEE DANIELS' THE BUTLER/The Butler

上映日:2014年02月15日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「大統領の執事の涙」に投稿された感想・評価

みー

みーの感想・評価

-
この物語に点数を付けるのはまた違うと思うので無点にて。

映画と言うよりはドキュメンタリーに近いかもしれない。

父は執事という立場で戦い、また息子達は別の戦い方で戦い、また母は家・家族と戦い、本当に凄まじい歴史だったのだと痛感させられる。最近はこういった黒人の歴史の作品が多く観るたびに考えさせられる。

物語の描き方もスラスラと観れるので、是非一度は知識として観ておきたい作品かと思います。日本ですと一般的にこういった歴史を知れる機会が少ないと思うので。
誠実に生きていたい
黒人差別から立ち上がろうとした時代、ホワイトハウスで静かに無骨に仕えることで戦った1人の黒人執事の物語。

色んな映画で黒人差別は描かれているけれど、毎回やるせない気持ちになってしまう。
この映画の主人公はけして派手にアクションを起こす訳ではなく、時間と実直さと思いやりの気持ちで仕事を全うする事で黒人としての尊厳を誇示する人だった。

反する彼の息子は黒人差別に真っ向から戦いを挑み、派手な力技で自分の誇りを主張するタイプ。

やり方は違えど、想いは同じはず。

最後はオバマさんが黒人初の大統領になるところまで時代が進む。
アフリカ系アメリカ人が大統領になるということは歴史を変えるような事だったのだなとあらためて痛感。

多種多様な時代に向かっていって本当に良かった。
akane

akaneの感想・評価

4.0
「使用人は従属的だと言われるが、彼らは戦士なんだよ。自覚は無くても。」

白人と黒人が対立し、人種差別がかなり酷かった時代に、キング牧師が言った。主人公はその頃、ホワイトハウスで執事として働き、多くの大統領に仕えた。その間、2人の息子は公民権運動を行った。白人に従属しているように見える父親と、真っ向から権利を主張した2人の息子、その家族の実話に基づいた話。

世界史で公民権運動について学んだことは間違いないですが、やはりそれは歴史の話。そこには、その時代の人々の感情なんて一切載っていなかった。この映画を観たことで、その時代すべてを知ることができるとは到底言えませんが、かなり教科書より学べるものが多かったです。KKKなども出てきましたが、あまりに極悪。むごいという言葉を超えていました。(グロいシーンはありません)

「白人を恨んではならない。彼を殺したのは、悪意ではなく狂気だ。」

執事をしている父親は、ホワイトハウスでいつの時代か、大統領が動いてくれることを、黒人は悪ではないことを、自身の誠実で厳格な働き方で証明することで、知ってもらおうとします。多くのシーンで泣きそうになりましたが、もはや問題が大きすぎて、簡単に泣いていいものかすら迷いました。でも、最後の最後で、こちらも一緒に乗り越えた気になって、自然に涙があふれました。

この映画は、とても良い映画体験をさせてくれる1本だと思います。
Kaori

Kaoriの感想・評価

4.0
つい最近のこと
健太郎

健太郎の感想・評価

3.5
始まって5分で あ!この映画面白いヤツだって分かる テンポいいし 掛かってる制作費も半端ない感じが伝わる

7人に仕えたてヤバすぎ 日本だったら人間国宝なんじゃね?

この映画は歴史の勉強になって素晴らしい

アメリカてやっぱ地続きになってて広いから激動の国なんだな、日本が島国でよかったわ

フォレストガンプてこの時代なのに黒人差別の話全くしないから酷い

それでも夜は明けるとJFKと激動の時代を生き抜いた執事に恰幅
しほ

しほの感想・評価

4.0
サクセスストーリーだったような…なんで涙って題名についてるんだっけ…
おぼろげだけど、もう一度観てもいーなと思った記憶はあり。
popeye

popeyeの感想・評価

4.2
20世紀のアメリカに横たわり続けた黒人の問題を、大統領の執事という、最も強大な権威側から描く視点が素晴らしい。
農園による使用人と奴隷、公民権運動、ベトナム、、、、
家族としての葛藤、そこと全く切断した執事としての職。
この20世紀の悲哀を経て21世紀のオバマへと繋がる壮大なエンターテイメントとして成り立った良作である。
s

sの感想・評価

3.5
動画【吹替】
・大統領執事目線の黒人差別の歴史
・家族のストーリーもつらいけど良い
・ケネディ時代既に大学生の父親だったセシルがオバマ大統領誕生の瞬間を見れて良かった!でもセシルが一番涙したのはケネディ暗殺
>|