大統領の執事の涙の作品情報・感想・評価

大統領の執事の涙2013年製作の映画)

LEE DANIELS' THE BUTLER/The Butler

上映日:2014年02月15日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

3.7

あらすじ

綿花畑の小作農家として生まれたセシル・ゲインズは、一人で生きていくため、見習いからホテルのボーイとなり、遂には、大統領の執事にスカウトされる。それ以来30年間、ホワイトハウスで過ごし、7人の大統領に仕えてきた。キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争・・・目の前で時代が大きく揺れ動く中、セシルは忠実に働き続ける。黒人として、そして身に付けた執事としての誇りを胸に。だが、執事であると同時に“夫”で…

綿花畑の小作農家として生まれたセシル・ゲインズは、一人で生きていくため、見習いからホテルのボーイとなり、遂には、大統領の執事にスカウトされる。それ以来30年間、ホワイトハウスで過ごし、7人の大統領に仕えてきた。キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争・・・目の前で時代が大きく揺れ動く中、セシルは忠実に働き続ける。黒人として、そして身に付けた執事としての誇りを胸に。だが、執事であると同時に“夫”であり“父”でもあった彼は、世界の中枢にいながらも家族と共に歴史に翻弄されていく。理解を示す妻とは別に、白人に仕える父の仕事を恥じ、反政府運動に身を投じる長男。兄とは逆に、国のために戦う事を選びベトナム戦争へ志願する次男・・・。激動の時代の中で、彼が世界の中心で見たものとは?そして人生の最後に流した、涙の理由とは—

「大統領の執事の涙」に投稿された感想・評価

Shunta

Shuntaの感想・評価

3.8
小さなビーグルが映し出された時、大統領は孤独だなと感じた。
ヨヘ

ヨヘの感想・評価

3.8
yes,we can!
華

華の感想・評価

3.5
アメリカにおける黒人差別と公民権運動の歴史をざーっとおさらいできる内容だった。オバマが大統領になったのってすごいことだったんだなって、今更だけど、胸が熱くなった。
デモに参加するよ
仕事をなくすよ?
お前を失った
Supreme

Supremeの感想・評価

3.5
『好きな席にも座れない世の中って』
こんな単純な言葉に人種差別を凄く感じた作品

白人大統領に仕える執事のお父さん
人種差別撤廃に命を懸ける息子

すごい展開とかなくて歴史を綴った感じだったけど勉強できた作品
kay

kayの感想・評価

4.0
2018年191作品目.
大学でアメリカ歴史について学んだから理解できた。歴史等を知ってから見たほうがいいです!
nana

nanaの感想・評価

3.8
2018.06.21 (Thu.)
鑑賞記録
あさ

あさの感想・評価

3.9
キューバ危機からオバマ政権まで激動の歴代政権を見守ってきた執事の視点から

"他の国にはとやかく言う。例えば強制収容所なんかがそうだ。アメリカでは同じような人種隔離が200年続いてきたのだ"
なんて刺さる言葉なんだろうと思った。
鞭で瀕死の状態まで打たれる農場従事者たちも、アウシュビッツと何が違ったんだろうか

コットン農場から黒人用の水飲み場、たった一世紀前まではそんな社会が当たり前だった中で、オバマ政権の樹立ってやっぱりすごいことだったよね
深い知識がないから切り取ったような理解しかできないけれど、それでも夜は明けるに続いてなかなか考えさせられる映画でした
ブラックパンサーってブラックパンサー?()
猫

猫の感想・評価

3.8
字幕だけでは理解できない場面が多かった。
黒人差別の酷さとオバマ就任の衝撃がわかる面白い映画でした。
>|