大統領の執事の涙の作品情報・感想・評価

大統領の執事の涙2013年製作の映画)

LEE DANIELS' THE BUTLER/The Butler

上映日:2014年02月15日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「大統領の執事の涙」に投稿された感想・評価

ian

ianの感想・評価

4.1
地味に豪華キャスト!
素晴らしかった。
白人大統領を代々見てきた黒人執事の話。あんまりインパクトがないが、良い話。
Tim

Timの感想・評価

4.0
率直にいい映画やった。

世の中を変えようとするパイオニアは
必ず批判を浴び糺弾される。

差別、プライド、ロイヤリティ、愛、偏見、
価値観、言論の自由、宗教、
仕事へのプロフェッショリズム...etc.

まだまだこの世の中には多くの差別が
はびこっている。
それでも今の人権があるのは、先駆者たちが
闘ってきてくれたおかげでもある。

切り開き先駆者たちへ、最大限の敬意を。
jumo

jumoの感想・評価

3.4
奴隷であることが当たり前だった父親と、社会に存在していることだけは認められてるセシルと、同じ人間であるということを訴える息子と、親子3世代だけでぐんっと時代が変わって価値観も変わるのが面白かった
それに比べてジェームズマースデンのほやほや坊ちゃん感よ、可愛すぎ
Akiko

Akikoの感想・評価

4.0
2019.3.19
28
tinkerbell

tinkerbellの感想・評価

4.6
残酷な黒人差別の時代から、長くに渡り執事という職で生きてきた主人公。

息子は反政府として民主主義として黒人差別の抗議をしており、
父はそれを受け入れずにいたのはもどかしかった。どちらの立場でも肯定できるものはあって、考えさせられた。

最後の方は愛の物語だった。
夫婦愛、家族愛、親子愛。
またセシルの人柄がとても良くて、執事として、黒人であるにも関わらず、大統領からは愛され、親しまれていた事が分かる。

とても学びとなる作品。
アメリカの人種差別の歴史が分かる実話を元にした作品
白人と非白人用で飲み水や飲食店の席が分けられてた時代があったなんて知らなかった。考えさせられる
SI

SIの感想・評価

4.7
すごく良かったです。これを観るとグリーンブックが若干薄っぺらく感じます。

友人(黒人のアメリカ人)がオバマ大統領が当選した時におじいちゃんが泣いていたと言っていましたが、その意味がやっとわかりました。

1963年まで法律で黒人はレストランでも座る場所が決められていたり、1991年まで白人と給与にも格差があったなんて、本当に驚かされました。

日本でもLGBTの人たちが結婚できなかったり、契約社員と正社員の間で同じ仕事でも給与格差があったり、差別が多くありますが、少しずつでも改善されればいいなと思います。
史実に基づき、人種差別の歴史を背景に、ひとつの家族の 特に父子の物語だとおもいます。
キノ

キノの感想・評価

4.1
記録。
>|