smithmouse

バッド・ガールのsmithmouseのレビュー・感想・評価

バッド・ガール(2012年製作の映画)
2.6
不意に映るバッド◯つ丸∑(゚Д゚)!
ナツイなー。ずっとカラスなんだと思ってました。
邦題とかかってるんかな(´Д` )?
ポン刀、能面、会田誠の名前とそこはかとなく香る和の香りがよくわかんないモヤっとしたリベンジ。

「うまく切ったわね。」
女子大生シェイは妻子持ち男と不倫中。しかし捨てられた上、気晴らしに出掛けたクラブで出会った男に乱暴された上、被害届を出した警官からも冷たくあしらわれる。
そんな時クラブの従業員ルーから復讐を持ちかけられる。

出てくるオトコはやってる事は最悪だけどパンピー臭いソフト◯ソヤローばかりなんで鉄槌を下されるシーンはスカッするけどわりかしあっさり目に感じる。
女優に金かけ過ぎて男優は全く存在感がないのか?
売りの筈の復讐シーンもそこまでグロくも無く期待しすぎるとNG(ー ー;)。
ジオ◯グにされるというリベンジ内容はすこし斬新だったカモ(´o`;)。

女優のキャラ面では中々面白い。
圧倒的なのはルー姐さん。
ベリーハードな半生を語りながらケケケと笑う&サイコパス押しかけ女房振りは萌えるし、日本刀の扱いの上手さに震える(((;゚ρ゚)))!!
しかも、持ち前の鍋合コンの時によそってくれるのと同じ女子力高めの積極性を拷問の時でも見せてくれる。
この人、食欲もスゴイんだ( ゚д゚)。
もう一人の主人公のシェイの方はイマイチ。
キミの怒りがもう1つの原動力だろうにコレは無いぜ。嘔吐シーンの演技が少しワザとらしい気がするよ。

主演女優の片割れのみと音楽のレベルが高い薄味リベンジ映画。