charo

ダーク・ブラッドのcharoのレビュー・感想・評価

ダーク・ブラッド(2012年製作の映画)
3.5
ずっとみようと思いながら見逃し続けていたリバーフェニックスの遺作

撮影中に亡くなり幻になっていた作品を監督が自身も病気になったことで作品にすることを決意して作ったそう。
所々、静止画にナレーションでつないでいたけどそこも作品のなりたちを知っているとなんとも切ない気持ちに...
作品自体は煮え切らない作品でした。

それでもリバーフェニックスが好きな人には一作でも多くみる機会としてオススメします。