スター・ウォーズ/フォースの覚醒の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒2015年製作の映画)

Star Wars: The Force Awakens

上映日:2015年12月18日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

4.0

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

5.0
4DMX
もうスターツアーズ。
BB-8がすっごくかわい(´Д` )
詰め込んであったけどすっごくよく作られてるなって。
ずっと観ていたかった
衝撃展開だよ
あなたの中のフォースが目覚める
Souma

Soumaの感想・評価

3.8
『伝えろ。ミレニアム・ファルコンは、ハン・ソロが取り戻したとな。』

正直な感想を書くと
初観賞時は、オマージュばかりの内容が許せなかった。
これはリスペクトじゃない。
金をかけて作った、ただのファン映画だ!・・・とね。

文句を言いながら既に何回も観賞してるんだけど(笑)
3回目くらいから
懐古厨の悪癖をすべて捨て去ることで
やっと楽しんで観ることができるようになったので
改めて再レビューすることに。

(以下の内容は今更なにを当然のことをとか思うかもしれないけど
以前の僕と同じでフォースの覚醒を楽しめてない人向けかな)

この作品は
SW初心者でも存分に楽しめて
往年のSWファンは、歴代のキャラや乗り物、オマージュで楽しんでもらうために作った、世代を超えるためのSWなんじゃないだろうか。
という解釈をすることで楽しむようにしてます。

いままでのシリーズと比べて政治的な要因はほぼ省略し
初心者や子供でも入りやすい単純な内容にして
SWの魅力をできる限り詰め込んでる。

そして、この作品が新しいSWファンのために
捧げていると思う一番の要因は
主人公が女性になっている点だと思う。
(これは、配給がディズニーだから戦略的には当たり前なんだけど)
SWファンの割合は男性が多かったと思うんだけど
主人公をレイ(デイジー・リドリー)にすることで
女性にも興味を持ってもらい
BB-8という最高にかわいいマスコットで
心を鷲掴みにされたのは女性だけではないはずだし
その上で過去のSW作品にも興味を持ってもらうという
隙の生じぬ二段構えどころか三段構えの
超戦略的な興行映画として大変素晴らしいと思う。

やはり「フォースの覚醒」は
いままでSWを観たことない人に対して
かなり配慮した作品であることには間違いないと思うし
内容自体も、過去のいいとこ取りしてるような作品なので
普通におもしろい仕上がりになっている。


ただ、一つだけ何回観ても納得行かないのが
ラストのレイvsカイロ・レン
いくら手負いとはいえカイロ・レンがあまりに弱くて…。
父を殺して、ダークサイドとしてより強くなった直後だというのに…。
控えめに言っても雑魚。
SWの良さって、やっぱり悪役にもあるはずなんだよ。
今作で欠けているものは、悪役の魅力だと思う。
産業廃棄物
サケ

サケの感想・評価

4.0
記録。
あんまりやった、、、
BlueMoon

BlueMoonの感想・評価

4.1
映画に観出してから、初めて劇場で観たスター・ウォーズ。
スクリーンにタイトルコールがかかった時の、みんなで共有するあの高揚感。
映画の喜びを改めて感じさせてくれた作品です。

ストーリーは正直どこかで見たような展開。
後輩が「とてもよく出来たファンムービー」と言ってましたが言い得て妙で、スター・ウォーズの鉄板要素を詰めこみました、という感じでした。
でも作品への愛は溢れんばかりに感じられて、ファンとしてはたまらない!
ハン・ソロとチューバッカが出てきたときには胸が震えましたね。

新たなるネタキャラ: カイロ・レンくんを初め、イカれた野郎がちょいと多すぎる気はしますが、遠い銀河の新しい歴史を楽しみに見届けたいです。
マー

マーの感想・評価

3.5
前作よりキャラが薄いが、映像技術の発達で迫力があった。
>|