Kurita

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のKuritaのレビュー・感想・評価

3.8
もう一度は観ようと思ってますが、その上で。

ネタバレです。

ミレニアムファルコンでのアクションシーンにはテンションが上がってしまい声をあげてしまったし、
そこにハンソロとチューバッカの登場でもう一声。
あんな感じの酒場が出てきて、さらに呻いてしまいました。

旧三部作の登場人物全てに関わるおじいちゃんワナビーと、おそらくフォースを受け継ぐ血筋にあるであろうルークワナビーがライトセーバーで争う場面にもそりゃグッときたさ。そりゃね。

"帝国の逆襲"に"ナウシカ"に"怒りのフィーリーロード"だけじゃなく"グラントリノ"も!と気づいたときには、監督に感謝で胸いっぱいになった瞬間もあるってもんだ。

ただ、中盤以降はダダ滑りになってしまうんです。
ワナビーいきなり揺れすぎ!とかさ、いくらなんでもハンソロの行く末分かりすぎだろ!とか。
最後にルーク映しすぎ!と思ったら空撮かつカメラが回りだすし、そこで終わりだし。
思い返せば、
なんでアイツ裏切ったんだ、で、どこ行った?とかさ。
あの赤い腕は?とかさー。
しかも、予告で次回作までネタバレしてるじゃないか。

全体的にツギハギで、こうゆうのが好きですよねーという絵を寄せ集めた印象で終わってしまいました。
既に伝説になってしまったシリーズに軽さを取り戻したのは素晴らしいと分かってはいるのだけど、うーん。

とりあえず、もう一回は見てみるけど。

と、
4dx3d字幕で二回目を。
あー、一回目よりかなり好印象。
カイロレンの揺れ方は今の青年が過激思想に走るのと近いのは理解できたし、
随一の人気キャラであるハンソロをスパッと切りファミリーヒストリーに徹する潔さにも改めて痺れてしまいましたよ。
帝国軍のセキュリティ緩さは相変わらず?ですがー。

3Dも自然だし、4dxのアトラクション感にもぴったりだし。

あれ、これは傑作では。