shigatakeshi

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のshigatakeshiのレビュー・感想・評価

5.0
このレビュー、詳細に触れず、何が伝えられるか、非常に難しいチャレンジ、一緒に観に行った大半が、これまでのシリーズをまったく観たことない人達で、ある意味、これを書くことの使命に導かれた感もあるのでがんばろうと思う。

ピッチからいうと、『一族の意思を継承する物語』。これに関しては、すべてのエピソードに共通してきたテーマ。今回もそこは一切ぶれていない。一族へのリスペクトも半端無く、JJ率いる制作陣のあふれる愛を感じる。

が、

シリーズを通して紡がれてきた壮大な一族のその物語を、当たり前のように正統王位継承者に引き継がせて、予定調和のなか、往年のファン感涙のなか終わるとおもいきや、そこはJJ、見事に既成の枠組みを壊してくる。

エピソード6で決着し、終わったと思われた戦いが未だに続く混沌の世に、一族の意思を希望という形で種としてばらまいてみせる。それに応えるのは選ばれた正統王位継承者ではない、普通に隣にいる人々。

物語がすすむにつれ、登場人物の関連性、特に初登場の主役のふたりは今までの一族とは多分あまり関係はないのだろうと感じ始めるに、これは、明確に新しいシリーズが始まったのだという制作陣からのメッセージととっていいだろうと、途中からちょっとさびしくもなるも、衝撃の大感動のラストシーンが、一気に、全てに意思があると印象付けてみせて、新旧のファンを一気に鷲掴みにしてみせて、エンドロールになるのだけども、ここでいままで感じたことのない不思議な気持ちに襲われる。

二時間見続けて、おしりも若干痛くなっているのに、まだ何もはじまっていない、ある意味、スタートラインに立ったかのような、壮大な二時間の前フリをみたかのような気持ちにさせられる。これから始まる新3部作にふさわしい、素晴らしい締めくくり。

昔からのファンはとりあえず、ハンカチを握りしめて、新しいファンは、少なくとも、一族のなまえと関係性を復習できるエピソード4は見て、映画館に行くといいと思います。

これは、迷わず映画館で!!