さわわ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のさわわのネタバレレビュー・内容・結末

4.6

このレビューはネタバレを含みます

いやぁついに新たなスターウォーズサーガの始動ですね。記念すべき公開初日に僕もJAWASパーカーを身にまとい同時上映見てきました。
鑑賞後の率直な感想を述べますと、いやぁーーー複雑。そんな感じです。
もちろん、オープニングのチャーン!でもう既に泣いてますよ。ハンソロやチューイ、レイアにC-3PO&R2-D2。過去作のキャラクター達がよっ!待ってました!と言わんばかりに次々と登場してもう大興奮ですよ。(レジスタンスにもちょいちょい見たことあるやついたなぁ)JJの臆面もない堂々たるエピソードⅣ丸パクリ(褒めてます)もここまで来たらもうそれは「ありがとう」の言葉しかない訳で。
でも、でも、しかし!それだけって言ったらそれだけな気がすると言いますか...
基本的に上がる部分は旧作を意識したところであって、新しいセンスオブワンダーがあったかというと個人的には疑問が。ジャクーがもろにタトゥイーンということを除けば惑星の魅力にも欠けるような...ラストも例のあの人に会いに行くという体はいいんですが、なんかそこほぼ地球だよね感も否めなくて...(ダゴバはもっと良かったしなぁ)またカメラをぐりぐり回してお決まりのチャッチャラッチャラッ♪で終わるエンディングとかも、なんか火曜サスペンス劇場みたいであがんねぇーなぁとか。
あとはキャラクターについて、フィンが終始フワフワして何考えてるか分からん感じとか、カイロレンの若干メンタルきつめな部分とかが、好みではありますがあまり好きになれなかった。レイとダメロンパイセンは良かった!BB-8も!
最期に例のあの件ですね。(ある人がお亡くなりになるあの件です)ストーリーの盛り上がり、次の世代に繋げるという意味でもああいう展開を盛り込むのはもちろん理解できます。これまでもそうでしたし。フラグが立ってて、とかバレバレじゃんとか、そういうのはどうでもいいんです。でも、あの人が不在のスターウォーズユニバースになってしまったのかと思うと...特にチューイにはいくら何でも辛すぎるだろ...なんて終盤はもう葬式のような気分で見てしまいました。その後の処理も若干軽いなぁと思わなくもない感じで、R2-D2復活とかにあんまりノレなかったです。
ジャクーでタイファイターが沈むとこなんかはちゃんと怪物見せてよーとか、全体的な編集とかが、色んな場面に飛びまくって(SWっぽいといえばSWっぽいところなのですが)なんか分かりにくいなぁとか。急激なパンや細かいカット割り、縦横無尽なカメラワークなどを多用し過ぎているため、逆に状況が把握しづらいとか。(特にこれドッグファイトに顕著でしたねぇ)フォースの扱いがなんかエスパーだなぁとか。ライトセーバー戦の見せ方のバリエーションの少なさとか。色々言いたいことはありますが、この1作でどうこう言うのもまだ早い気がしますし、今後の期待も込めて星は高めに!

色々ぐだぐだと言ってますが、ダメ人間のぼやき程度に思って下さい。でもこれだけは皆んな一緒ですよね。

スターウォーズ最高!!!