ハートブレイカー

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のハートブレイカーのレビュー・感想・評価

3.9
邦題:スター・ウォーズ フォースの覚醒
原題:Star Wars: The Force Awakens


公開日にIMAX3D字幕版を観賞。
当然6作を各10回くらいは観ていますが、事前に456・456・123・456を観る時間がなかったので、456・123・456と、ピューと吹く!ジャガー17巻:第350笛『GALAXY WARS』を読んでから劇場に行きました。

公開日ということもあり、外国人の割合が高く、冒頭の字幕の所からテンションMAXの人達の「フゥー!」・拍手・口笛が鳴り響いたので、その空気だけで既に涙腺崩壊しました。

ハン・ソロの登場シーンでも同様に拍手喝采で、この空気を味わえただけで、リアルタイムで劇場に来て良かったと思いました。

内容については触れませんが、一言で言うと
 「EP7かと思ったらEP4だった」
という感じでした。(もちろんめちゃくちゃ楽しみました)

・・・なので、自分的に、EP9までの流れが完全に読めてしまいましたよ!


【EP8】
ジェダイの修行を始めようと思ったレイの前には痴呆のルーク。
たまたまレイが持っていた懐中電灯を「ワシのじゃ!ワシのじゃ!」と言い強奪。
紆余曲折を経て、レイはカイロ・レンに手首を切り落とされ、自分がカイロ=レンの妹だと知る。


【EP9】
最終的に善の心を取り戻したカイロ・レンが、スノークを持ち上げて穴に落とし、クマちゃんダンスで勝利を祝う。


間違いなくコレです!