三樹夫

スター・ウォーズ/フォースの覚醒の三樹夫のネタバレレビュー・内容・結末

3.8

このレビューはネタバレを含みます

よく言えばエピソード4へのリスペクト(エピソード5のあのシーンという場面も出てきます)、悪く言えば焼き直しとも言えますね。
冒頭はまんま流れがエピソード4。終わりもまんまエピソード4。というより全体的にエピソード4。ちなみに我が帝国軍は相変わらず詰めが甘いしザルです。
旧三部作のリスペクト、オマージュで溢れていて楽しいし安定感はあると思います。ただ守りに入った感はあります。物足りないと言ってもいいかもしれませんが。

ラストのスターキラーもあっさり壊してしまったなと思いました。エピソード4と同じことをやっているので、デス・スター破壊の大変さに比べるとそこには及ばないし高揚感も薄いです。

この映画のラスボス格、カイロ・レンはダース・ベイダーに比べるまでもなく小物ですね。都合が悪くなればライトセーバー振り回して物にあたってますからね、2回も。素顔は仮面外しても仮面と同じような顔してます。
ただ、本作のカイロ・レンの小物ぶりはおそらくエピソード8,9で悪側の成長も描くからというところでの、のびしろじゃないかとも思えます。そう思いたいです。改心してレジスタンス側につきそうでもありますが。僕としては光の誘惑に負けず暗黒面を突っ走ってほしいですけど。
ファズマとかなんだったんですかね。とにかくカリスマ性ある敵役が急務です。

レイのライトセーバー捌きはぎこちないです。初めてライトセーバー握ったからぎこちないのか、役者が女の子だからぎこちないのか今のところは不明です。僕はルークの修行で志穂美悦子ばりに鍛えられることを願ってます。
それにしてもジェダイマスターはひきこもるのが宿命でしょうか。ルークはヨーダ化してるし。

この映画はファンと新規どっちを向いているかと言えば完全にファンを向いています。
これまでのキャラやアイテム、場面が次々出てきます。予告編や事前の情報で誰が出てくるとか知っていても、おなじみのキャラが出てくるのは嬉しいし、ここはあのシーンとかはしゃぐのは楽しいです。この映画のミレニアム・ファルコンの出し方は良かったんじゃないかと思います。
飽きることなく、徹頭徹尾楽しい映画ではあると思います。

しかしどうしてもパブロフの犬化してるので、20世紀フォックスのファンファーレからa long time agoじゃないと違和感があります。