kazu1961

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のkazu1961のレビュー・感想・評価

4.4
「スターウオーズ フォースの覚醒」
原題「Star Wars: The Force Awakens」
2015/12/19公開 アメリカ作品 2017-248
再鑑賞

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」公開前に復習のため鑑賞!!

やはりスターウォーズシリーズはいいですよね!!
特に本作は10年ぶりに製作・公開せれたためファンの期待値も大きい作品でした。
ウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルム買収後に製作した、初の本シリーズの映画で、ルーカス自身は懐古主義的なSF作品に成り下がったと批判したようですが、ファンの期待を裏切らずストーリー展開も素晴らしく、多くのファンから愛されてきた過去の6作品ともちゃんとつながっていて、かつ新しい素晴らしい作品に仕上がっていゆと思います。
期待の戦闘、アクションシーンも満載で、また、昔懐かしいキャラクターと新キャラクターの両方が出ているおかげで新旧のファンが共に納得する映画となっているではないでしょうか。「スター・ウォーズ」シリーズのかつての栄光を思い起こさせるような作品に仕上がっており、シリーズに新たなエネルギーを吹き込んだと思います。

〜初回鑑賞時レビュー〜
もう最高です!レイア姫もルークもハンソロも!
シリーズIVのオマージュも!懐かしくて感動最高潮です!! BB-8 レイ新たなキャスティングも最高です!!

2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれると言われる、新たな3部作の第1章。テレビシリーズ「LOST」や「スター・トレック」シリーズなどで知られるヒットメーカーのJ・J・エイブラムス監督がメガホンをとり、脚本にはオリジナル3部作の「ジェダイの帰還」「帝国の逆襲」も手がけたローレンス・カスダンも参加。音楽はおなじみのジョン・ウィリアムズ。無名から大抜てきされた新ヒロイン、レイ役のデイジー・リドリーのほか、ジョン・ボヤーガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ドーナル・グリーソンといった新キャストに加え、マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーらオリジナル3部作のメインキャストも登場する。