乙郎さん

スター・ウォーズ/フォースの覚醒の乙郎さんのネタバレレビュー・内容・結末

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2015/12/18 18:30@よしもと南の島パニパニシネマ

 年齢的に言えば新三部作世代(もっと厳密に言えば「特別編」世代)だけど、当時まったっく興味がなかったのですべて後追いだったスターウォーズ。事実上、リアルタイムで初めて接するスターウォーズ。
 つまりは、登場人物のレイと同様、僕にとってもスターウォーズは「神話上の出来事」だった。やっと合流できた。それがこの映画で本当によかった。
 個人的な話になるけど、さすがに30過ぎると、それまで接していた文化の衰退というのを否が応でも感じざるを得ない。ありとあらゆるものには終わりは来ると。
 確かにこの『フォースの覚醒』にも終わりはある。新シリーズの1作目にして、終わらせている。それと同時に「はじまり」がある。僕はそこに胸を撃たれた。

 物語としては制作発表順には1作目に当たる『エピソードⅣ 新たなる希望』をなぞっている。と同時に、スターウォーズという要素をひとつひとつパズルのように埋める展開にもなっている。あの宇宙船が動くこと、あのドロイドが再起動すること、止まっていた時計が動き出すことはすべて「動き」で示される。そして、そのパズルのピーズが文字通り埋まった時、それはあのシーンに映っている二つのドロイドに象徴されるように、旧い世代と新しい世代が手を組むにより物語が進むのだという宣言に他ならない。

 そのため、一見物語としてはJ.J.エイブラムスらしく「普通」にも映ってしまうし、どうしても中盤以降に物語を映像することに気をとられている部分があり退屈する部分はあったけれども、あくまで物語と音楽が主体だった従来のスターウォーズに対して、映画的なつくりも両立させようとしたことが、僕にはうれしかった。

 僕は、観終わったその時から次回作が楽しみでしかたない。ライアン・ジョンソン、どうでるか。