まことぴ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のまことぴのレビュー・感想・評価

4.2
監督もキャストも(映画会社まで)一新して生まれ変わるどころか、前6作の因縁をそのまま丸ごと継承した正統的な続編。若干の意図的なセルフパロディを除いては、スター・ウォーズの世界観を極力壊さぬよう細部まで配慮が行き届いていて、30年を経てもなお同じ英雄伝の世界に浸れる喜びや幸せ(そして、だからこそのクライマックスの衝撃)を十二分に堪能できる反面、あまりにも意味性を帯びてしまった物語が重しとなって、エピソード4から6までの頃にあった無邪気な爽快感や単純なカタルシスを感じることができなくなってしまったことへの一抹の寂しさも覚えてしまった。