Shishido

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のShishidoのレビュー・感想・評価

4.0
「エピソード6/ジェダイの帰還」が公開されたのが1983年。自分が生まれた年にはもう完結していた作品の続編がまだ作られているかと思うと感慨深い。「フォースの覚醒」を観て思ったのは物足りなさだった。ジェダイの騎士は出てこなかったし、ライトセーバーでのアクションシーンも物足りない、内容も過去の作品のオマージュの連続で勿論「懐かしい!」とかニヤニヤしてしまう部分は多くあるけれど新作としてのオリジナリティが足りないと感じてしまう。内容はご都合主義で先の読める展開。そもそもスターウォーズに革新的な演出やストーリーを求めるものではなくノスタルジーとイベントを楽しむ映画なんだと再確認。昭和へのノスタルジーなのかもしれない。いや面白いんだけどね。
次回作へのおおきなふりとなる映画なんだと思う。