レスター

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のレスターのネタバレレビュー・内容・結末

5.0

このレビューはネタバレを含みます

第一印象は「もしも俺の考えた最高のスター・ウォーズをJJが撮ったら」。
伝説として語られている事は真実だ、という設定からしてこれだと思う。

もうね、感極まって何度もウルウルしたよね。最高だよ。
とてもJJ感が出てて、面白いくらいに「新たなる希望」をなぞってる。

特にTIEファイターがケーブルを断ち切って、帝国側を攻撃して宇宙に飛び出すところは、JJがこの作品における象徴のような気がしてならない。

展開そのものもSWで、CGが今の時代にしては少々バタ臭く見えたのもSWだ。
それでもSWとして新しい事をやってのけている。

夕陽を背にするTIEファイター、ミレニアム・ファルコンやXウィングの地上戦、朽ち果てたスター・デストロイヤーなど、キラーショットもバッチリだ。

カイロ・レンの事実が発覚してから、この展開はもしや?と思っていたら、やはり終盤は予想通りの展開となった。これはファースト・オーダーの計算の内だろうと思う。

名物のライトセイバー決闘シーンは、新三部作に比べるとぎこちない。
これはライトセイバーを扱う人物が素人(覚醒していない)の設定だからだと解釈してる。
そして降雪のカッコ良さ。
割れる地面はレイの覚醒、暗黒面との絶対的な壁を意味してると思う。

主要人物のレイ、フィン、カイロ・レン、ハン・ソロ、レイアと皆迷いを抱えている。
迷いがないのはポーだけだ。
そもそも振り返るとSWは迷いの物語でもある。
迷いと共に新三部作はフォースが不調和に向かい、旧三部作はフォースが調和に向かっている。

今後のフィンやレイ、そしてカイロ・レン(恐らく次回作で風格を出して再登場すると思っている)の成長や葛藤が楽しみである。

この作品は、今まで無数の映画が、リブートやリメイクを繰り返してきた事に対する「新たなる希望」だと思う。
神話の続きをこれほどまでに見事に仕上げてくれた。
大げさに言うと、映画界に新たなる一歩を確実に刻んだ作品になったと思う。

それにしてもBB-8出過ぎである。可愛い過ぎである。