USK

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のUSKのレビュー・感想・評価

4.7
俺の映画人生に最も影響をもたらした映画の一つスターウォーズⅣ.Ⅴ.Ⅵの続編!!次作への付箋をちょいちょい残し、ダイナミックにスッキリ終わる!これがスターウォーズだ!!
今年一番!いやそんなランキングに入れてはいけない自分にとっては特別な映画。終始つむじから足の指先まで鳥肌立ってました。
なんといっても一番感動した点は映像の進化とは裏腹にクリーチャーやストームトルーパーの装備がチープなままだった点ですね。世界観が保たれたままで良かった(涙)

しかし今回キャストが意外と豪華。ナチス感溢れるドーナルグリーソン、THE正義の味方オスカーアイザック、そして今回のボスキャラ、カイロレン役のアダムドライバー。カイロレンがマスクを脱いだ時超がつくほどの美男子で笑った。まさかのここでスターウォーズに足りなかったビジュアル面をカバーするとは(笑)

それにしてもスターウォーズのサントラをiPhoneに取り込んどいて良かった〜。余韻と思い出に浸りながら帰宅しました。

ふと思ったのだがアメリカンニューシネマに終焉をもたらし新たな時代を築き上げた「スターウォーズ」と「ロッキー」。また新たな時代が始まる予感。