どらこ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のどらこのレビュー・感想・評価

3.9

すごく長くなります。若干のネタバレもあるので注意です↓


スターウォーズファンとしてもうなる様な良い仕上がりにはなっていると思う。
それは過去作のあらゆる要素をふんだんに使っているため。
旧三部作のキャストがそれぞれ出るシーンは、思わず泣いてしまった……。
見終わった後に残る謎の違和感。
何かが違う。スターウォーズなんだけど、スターウォーズじゃない感じ。明らかに空気が違う。監督が違うから?配給がディズニーだから??

とにかく演出や舞台背景、設定、何もかもが違うんです。
まるで別物を見に行ったような感じ。ディズニーが配給と聞いて最も恐れていた事が、今まさに起きてしまった。

率直にいうと、全エピソードの中で最もつまらない、酷い出来栄え。
見たあとに、「これはひどい」と思わなかった理由は、上に書いたファンに対するパフォーマンスがあったから。
今作は内容がどうであれ再びあの3人やミレニアムファルコンなどを見る事が出来たからお腹いっぱいだが、次からはそうはいかない。
「あのスターウォーズが帰ってる!」という触れ込みが使えない以上、完全に1から勝負しなきゃいけないしファンの評価も今以上に厳しくなる。

演出・内容的に残念なポイントをいくつか。
スターウォーズ登場人物は従来斬新なデザインかつ強いインパクトのあるキャラクターが大半を占める。
今作はそれがほとんど無い。CG感満載のスノークという黒幕的立ち位置のキャラ。あれは何ですか??誰でも思いつきそうなデザインでチープなセリフも目立ち、全く強者感を感じない。役者がロードオブザリングのゴラムと聞いてそれにしか見えなくなった。最後まであれで引っ張るのは本当にやめて欲しい……。
もろディズニーがデザインしたキャラって感じ。シディアスの様なカリスマ感が全くといって無い。
それ以外の悪役も基本的に小物臭が凄まじい。ここまで魅力を感じない悪役も珍しい。

そして今までとは全く異なる構成。
今までは絶対的な力を持つ師匠的存在(ep1だとクワイ=ガン、ep4.5だとオビワンとヨーダ)がいて、割と主人公がジェダイの道を辿るに至った経緯がスムーズに描かれるけど、今作はその立ち位置の人物が引き篭もってる為、経緯をスムーズに描く事が出来ない。そこはある意味斬新で面白かった。
レイがライトセーバーを手にするまではいい。問題はその後。
フィンがライトセーバーを使うところはもろ初心者丸出しで、リアリティーはあった。
問題はレイだ。
ルークに鍛えてもらい、ファーストオーダーの権威を握るまでになったカイロレンと互角に渡り合えるレイ。一切修行もしてないのに。いくらカイロレンが手負いとはいえ、それだけはありえない。
それだけならまだしも、レイがいきなりフォースを使う場面。あのアナキンですら訓練してやっと使えるようになったフォース。
もうめちゃくちゃです。
レイの潜在能力だけでは補足できないぞこれは。
またとにかく殺陣が残念。どうしてあそこまで退化するのかな……見ててチープさが拭えません。せめてカイロだけはカッコよく演出して欲しかった。

劇中に登場する惑星が全体的に過去作の惑星と酷似しているのも気になる。
エンドアもしくはナブー→タコダナ
タトゥイーン→ジャクー
ホス→スターキラー基地
といった感じ。
また破壊された惑星の一部にコルサントと酷似した惑星があるが、あれは新しい首都である別の惑星らしい。
まあスターキラー基地の兵器そのものが惑星だったのはすごく面白いと思ったけども……

登場した惑星あそこまで似せる必要ある……??
コルサントの件は大人の事情で破壊する案が却下されたのか取ってつけた様な設定が……。



見終わりしばらく経ったあと、今作を振り返り、とても悲しい気持ちになりました。人々を魅了した、あのスターウォーズを見る事ができないのは、とにかく残念です。

俺はスターウォーズの大ファンだからこそここまで酷評してしまったけど、シリーズをよく理解してないような人が「話が複雑でわからない」やら「普通につまんない」など評価するのは失笑モノ。
フツーに好き程度の人なら映画的にも全く悪くないし普通に楽しめる素晴らしい作品だと思います。