AzumiNagasaki

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のAzumiNagasakiのレビュー・感想・評価

5.0
"遠い昔、遥か彼方の銀河系で…"

(´;ω;`)ブワァッ

だった。

にわかにファンになった自分がこれだけ感動するんだから、往年のファンのみなさまの感激感動は並々ならぬものだったでしょう…お察しします…

作品関係者があれだけネタバレに対してシビアに対応していらっしゃるので、わたくしからも何も言いますまい!
ただひとつ…ハンケチーフだけはお忘れなきよう…
それと、パンフレットは半分ネタバレしてるので鑑賞後にご覧ください…

JJは、スターウォーズをふたつの異なる方向に同時に移動させることを目標にしていたらしい。
早送りして、新しい物語を伝えること。巻き戻しをして、「スターウォーズ」をはじめて観たときの感覚を取り戻すこと。
みごとにその両方をやってのけてます。
SW愛、映画愛をひしひし感じます。

ディズニー社から40億ドル(ルーカスフィルムの買収費用)が掛かってるとプレッシャーを与えられる中でこんなにすばらしい作品をつくってくれたJJほんと愛してる。

「いまのこの時代、誰もがスマホの小さなスクリーンに釘付けで、それぞれが孤立してしまっている。だからこそ、共同体験を求めるのは当然のことだと思うよ。それこそ映画が提供するものだからね。このすてきな共同体験は、今後もずっと続いていくものだと信じたいね。」(インタビューまま)

マスコミ試写もないのにファンがこぞってコスプレして劇場に詰め寄り新聞の一面に載っちゃう作品て、今の時代稀有ですよ。
JJの言う通り、貴重な共同体験を今だからこそしてほしい。
未見の方はぜひ映画館へ。なんなら一緒に肩組んで行きましょ!!!