EnzoUkai

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のEnzoUkaiのレビュー・感想・評価

4.0
ディズニー製作配給、JJエイブラムスが監督ということでほとんど期待してない非常に冷めた気持ちで観たのが功を奏しました。
JJAはミッションインポッシブルやスタートレックの良さを上手に消したり、スーパーエイトではスピルバーグ的なエッセンスも奪った、ただの器用なだけの監督という認識だったけど、今回はその器用さが良かったのかも。ディズニーが入ることで突飛なチャレンジもなくてキッチリ収まったといった印象です。

旧作のキャラクターが出てくるとジーンときてしまうのはもう当たり前で、この人達はもう人生の親戚だということをやたらと実感させられ、親類縁者の冠婚葬祭に近い感覚も得られる。これはたった2時間余りの映画だけの力ではなく最初の公開からの歳月が築き上げたもので、これこそ他のどの映画も到達出来ない境地だと思います。唯一無双の作品でしょうね。
今回は旧作の踏襲や整合性の追及で苦労のあともだいぶ見えますが、その汗の分だけ面白くなってると思います。全体的な話のフォームすらEP4の枠にはめるリスペクトに脱帽(?笑)
やはりこのスケールのプロジェクトともなると監督が誰それとかの問題ではまったくなく、完全にコントロールされたプロダクション。大いに楽しめる一本でした。

ただ、一つ言い残しておきたいことは、スターウォーズという映画は、寓話や神話のような普遍的なイメージと過去の名作映画への敬意に溢れていることが最大の特徴です。今回は6作の復習だったかもしれないので次作以降にはその精神をもっと前面に押し出して欲しいものです。