そねしん

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のそねしんのレビュー・感想・評価

5.0
スターウォーズとの出会いは小学2年。その時は2005年、スターウォーズ シスの復讐が公開していたころだった。
特に前作を観たわけでもなく、特に思い入れがあったわけではなかったが、家族と一緒に映画館で鑑賞したのが10年前。
それから、全作を何度も観て、いろんなスターウォーズのゲームをやって、ネットでスターウォーズの細かい設定、豆知識を調べ、スターウォーズの世界観にはまっていった。
そして待ちに待ったエピソード7、フォースの覚醒。ディズニーに買収され、スターウォーズブランドを利用したビジネスのようで、不安で不安で仕方なかったが、公開が近づくにつれ、そんな事も忘れ、ただただ楽しみで仕方なかった。
内容は言うまでもなく、感無量。
新しさと懐かしさが混ざり、過去作品へのオマージュもあり、観てる時のドキドキは今年1番だった。

いや〜スターウォーズ、たまらんわ。

次作が楽しみでしょうがない。
とりあえず、来年、ローグワン!