KatsuhitoOhkubo

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のKatsuhitoOhkuboのレビュー・感想・評価

5.0
スターウォーズ、その映画は家族の物語だけども、1978年に家族で見に行ったEp4にハマった少年がおれのお父さんになって俺を映画館に連れて行き、そのまま俺もハマってようやく俺が20を超えて自覚がある個人として一緒に見れるから、そういうとこが一番好き、スターウォーズは家族の物語

いままでのスターウォーズの良いところも生かしつつ、1〜6はどちらかというと引きのアングルが多かったのに対し、7はメリハリをつけていてカメラワークとか映像のトランジションを少しだけ変化させてるのが本当にびっくりした、こんなに現実感が溢れるスターウォーズをみれるとは