メントール犬佐

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のメントール犬佐のレビュー・感想・評価

5.0
声を大にして言っておきたいんですが、僕はこれまで全くスター・ウォーズ(以下SW)のファンではなく、むしろ苦手な方でした、でしたが、


な ん だ こ れ 最 高 じ ゃ ね ぇ か !!!!


僕みたいに何となくSWに苦手意識がある方、これは映画館で観ておくべきです。出来ればIMAX3Dがいいです。そして4列目鑑賞でちょっと3D酔いかけた(酔いやすい人)ので、5、6列目くらいがベストかと。本当にレビューとか読んでないで早く劇場に行ってください棒で叩きますよ。

あ、ただしファーストシリーズであるエピソード4〜6の三部作の知識がゼロだと楽しくない、楽しめたとしても非常に勿体無い事をするハメになっちゃうので、全くゼロな人は予習してから行きましょう。うろ覚えでもそこそこ知識があればいいです。あとエピソード1〜3は無予習で大丈夫です。もちろん観ていたほうがいいんでしょうけど、僕観てないけど問題ありませんでした。

まぁそのようなファンでもない人間の、しかも無駄に長いレビューになってしまったので、ファンの方々が読むとイラッと来ちゃう気がしますので是非ページを飛ばしてくださいね☆(ただただ怒られたくない)

マクロな視点での戦争モノにあまり興味が持てないほうで、そういう部分がSW苦手だし、どストライク世代なのにガンダムすら全く興味が持てず殆ど観てない僕なんですが、昔はSWルーク三部作、やたらTV放映していたので流石に基礎知識くらいはあったんです。で、前回のお祭りであるエピソード1の時は劇場まで行ったんですけど、やっぱ苦手だわ。。ってなりまして。

まぁ正直言うとJJエイブラムスが監督しなかったら観に行ってなかったです。LOSTで衝撃を受けて以来彼には一度も裏切られた事が無く僕の「一生付いて行く監督BEST10」に入っている彼が、大好きなスタートレックシリーズを抜けてSW最新作に入ると聞いた時には、イントゥ・ダークネスで号泣した僕は「スタートレックからJJを奪いやがって(製作はやるらしいけど)バカ!ルーカスのバカ!ヒゲ!うんこ野郎!」と口汚く罵ったものでしたね。しかし、コレを見せられた後では、、あの傑作スタートレックシリーズさえもが、本作への布石だったんじゃないかと思うくらいです。

スタートレックでは、全くのリブートであるにも係わらず凄い力技で旧スポックという過去の遺産を登場させ、過去ファンと新しいシリーズをつなぎ合わせるというとんでもない事をやっていた彼でしたが、今回のSWではそれをさらに進化させたというか、まぁ完全に続編なんだから出てくるのが当たり前なのかもしれませんが、ハン・ソロとチューバッカの登場シーンなんてもうね、、、ファンでない僕でも鳥肌が立ちまくりましたよ。とにかく前作からのつなぎ方が異常に上手かった。もう完璧だったんじゃないかと。前作の類似エピソードの散りばめ方とか最高じゃないすか。オマージュの仕方にも敬意を感じるし、品がある。

しかし、そんな誰もが知っている贅沢材料をふんだんに使ったにも係わらず、それを押しのけてキチンとメインディッシュを張ったレイね!もう凛々しさ、気高さ、SWって騎士道の話でもあるので、そういうものを台詞でなく顔と佇まいだけで語れるっていう、、、こんな子よく見つけてきたなぁ!!あっぱれですよ。とにかく絵面が最高だった。惚れ惚れするというか、もうずっと観ていたかった。っていうか完全に恋に落ちた。

フィンの「抜けトルーパー」っていう設定も素晴らしかったですね。否が応でも感情移入しちゃいますよもう。しかもアイツなんだかんだめっちゃカッコいいんだよなぁ。BB-8といい、新参組の魅力が爆発してましたね。カイロ・レンはルックス的にはイマイチパッとしなかったんですけど、やたらすぐキレたり、結構なビビリだったり、レイと戦いながら傷口を自分でバンバン殴ったり、凄く人間臭い敵キャラだからこそ、なんとも物悲しさが募りました。

設定としてはエピソード6から30年後、らしいんですが。。その間の時間の重み、みたいなものの表現が本当に上手くてですね、ハン・ソロとレイアのシーンは涙腺やられた。物語が進むにつれて、彼らが歩んできた道の苛酷さみたいなものをちゃんと想像させてくれる。あ、他作品で現在のルークさんのアレな感じを知っていた者としては本当にそこはヒヤヒヤしましたけど。。。まぁ、なんだ。凄く頑張った感じはした!かなりギリだけど!

レイドファンには嬉しいサプライズのイコ君とルヒアン兄貴の登場も、まさかのルヒアン兄貴のみ台詞アリという憎い使い方!そっちかい!流石JJ意表ついてくるわ。てか途中のトルーパーが持ってたトンファーみたいな武器メチャクチャかっこ良くなかったですか?!スーパー欲しいんですけどアレ!

あとエンドロールでルピタ・ニョンゴの名前見つけて「えっ?!何処で?!」と思ったんですが、、、、なんつー贅沢な使い方なん?!最も美しい女性に選ばれた娘ですよ!?もーそういうとこも好きだJJ!バカかお前は!最高!

というわけで僕のSW苦手意識を吹き飛ばすどころか、ええい今からシリーズ全作サクっと学習してからもっぺん映画館行くか!!とさえ思っているくらい幸福な136分でした。本当にありがとうJJ。次も監督して欲しかったんですけど、もうルーパーの監督さんに決定しているそうですね。ハードルはかなり上がったはずですが頑張って欲しい。

っていうかね、ファンでなかった俺でコレなので、本当に好きなファンはもう、、、たまらんかったでしょうな!!!あなた達!!!最高に羨ましいぞ馬鹿野郎!!!いいなあぁあああああああああああああ!!!!!!

そして最後になりますがこれだけは言わせて欲しい、レイたんは俺の嫁!!!



<追記>

うんこブログのほうで、SWTシャツについて記事書きました。暇な方は読んでちょ!

http://mentholtaisa.hatenablog.com/entry/2016/01/31/224247