あめやぎ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のあめやぎのレビュー・感想・評価

5.0
すごく乗り物酔いしやすいんですが薬を飲んで4D鑑賞。


オープニングから揺れる光る揺れる!
これは最後まで(三半規管が)持つのかと一抹の不安がブラスターの破裂音とともに頭をよぎります。
ジャクーの戦闘を乗り切れるかどうかが、乗り物酔い派の鍵だと思います。
あそこがダメなら大人しく退室を考えた方がよいかも知れません。

さて、結構序盤にやって来るミレニアム・ファルコンの追跡のくだりが最大の難所です。
上下左右360度に画面も動く!
椅子も派手に動く!
三半規管も動く!
ここのくだりは遊園地クラスの揺れかも。
ファルコン号に乗れた!という感動をいつまでも味わっていると、暗黒面の帳が胃に下りてきます。
ほどほどのところでフォース(揺れ)を感じながら瞑想しました。

所々にやってくる宇宙船の発着や爆発による砂埃の匂いもなかなか曲者です。ポップコーンの匂いと混じった破壊力!ドッグファイトで弱った三半規管を暗黒面へと誘います。

終盤にかけてはそんなに激しく揺れるシーンはなかったように思います。体がもう感じなくなっていただけかも知れませんが…
ラストのドッグファイトはファルコン号ほどではありませんが結構揺れますので、気を抜けません。

エンディングではストーリーの爽快感と乗り切れた!という達成感に包まれました。


観る前には、乗り物酔い派が最後まで観ることができるのか不安でしたが、遊園地の3Dアトラクションほどの激しさは無いので乗り物酔いしやすい方も大丈夫ではないでしょうか。
USJのハリー・ポッターはハーマイオニーが出る前に私は死にました…

乗り物酔いしやすい方も勇気と薬をポケットに忍ばせて、遠い昔、はるか彼方の銀河系の4Dな旅を!