esew

スター・ウォーズ/フォースの覚醒のesewのレビュー・感想・評価

4.0
マーヴェルの超大作ヒーローものに比べるとちょっとお金足りない感あった。

冒頭だけ旧作風に特撮セット風な安っぽさある。わざとかな?

主人公の女の子がナタリー・ポートマンとイライジャ・ウッドを足して2で割ったみたいな顔してて少年と少女の魅力を同時に持ってて中性的とは別の不思議なかっこよさがある。

エイブラムスはやっぱり臨場感を演出するの上手いなぁと。敵地に少人数で潜入してって流れはエピソード2や3と基本の筋は変わらんけどジョージルーカスの5倍はテンポや緊張感があって物語が面白かった。話自体が緊張や緊迫の連続で観客をぐいぐい引っ張り込むし、グングン前に進むからスターウォーズ知らなくても楽しめる。

ライトセーバーのチャンバラがルーカスのときのひどいお遊びからずっと進化してて、カイロ・レンの剣の振り方は重い剣身を振り回して発生する遠心力を利用して自分も回転し二の太刀を浴びせるってところがリアリティあってよかった。ライトセーバーの効果音も金属っぽさが増して緊張感がアップしてた。

主人公がお姫様でもなく、知的な感じでもなく、サバイバル能力のあるエンジニアなのが今の時代を感じさせる。