スター・ウォーズ/フォースの覚醒の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/フォースの覚醒2015年製作の映画)

Star Wars: The Force Awakens

上映日:2015年12月18日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

4.0

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に投稿された感想・評価

過去作では見たことない画と、同時に馴染み深い画の混在のバランス。緩急はあるのに息つく暇がないドラマ展開。そして最高に魅力的な新キャラたち。古参は歓喜、新参も興奮のスター・ウォーズらしさが満載。何度「おおッ」と叫びそうになったことか。

シリーズを貫く構造、対立する血脈と受け継がれる意思、早くも確固たる世界観を築いた新キャラたち、細かい演出や設定に至るまで観点は山ほどありながら、感情を揺さぶるドラマとしても新たに始まる神話としても申し分なし。やってくれたぜJJ!感涙。

これは「おれたちの観たかったスター・ウォーズ」の一歩先を行ってくれた。ノスタルジーに固執せず、お約束に終始するだけでもなく、物語を先へ進める選択をした。そうすることで今までとは別の「新たなる希望」が生まれた。これは喜ばしいことです。
ミズ

ミズの感想・評価

3.5
歳を重ねたハン・ソロとレイア姫出た瞬間に泣いた
うえの

うえのの感想・評価

4.4
ダースベイダー率いる帝国軍とルークスカイウォーカー率いる反乱同盟軍との銀河の未来をかけたエンドアの戦いからおよそ30年。
帝国軍の残党から生まれた「ファーストオーダー」が再び銀河を支配せんと弾圧を繰り広げていた。
銀河系の新たな脅威に立ち向かう新世代と懐かしの旧世代揃い踏みのオールスターキャストで送る世界最高の映画シリーズ「スターウォーズ」の実に10年ぶりの新作にして新たなる3部作の1作目。

大ヒットシリーズの続編が次々と公開された洋画豊作の年、2015年のラストにして最大の話題作として公開された今作。
もはや映画界のレジェンド的ポジションのスターウォーズシリーズをまさか映画館で観れる日が来るなんて少し感動した笑。
1983年のジェダイの帰還から実に32年ぶりにオリジナルキャストで集ったルークスカイウォーカー、レイアオーガナ、そしてハンソロが登場するなどまさに歴史的という表現に近い再共演なども話題を呼び、大ヒットを記録した様子。

スターウォーズというブランド名に負けない内容で実際面白かったし、過去作のオマージュもたくさんソロが脱出するのにダスクシューターはないのかと言ったときに会場内の人は爆笑していた笑。
ファンとしてはミレニアムファルコンが飛んでるだけで感極まった人も多いんじゃないだろうか。
今回の監督、JJエイブラムスは壮大なSF作品に強く、スターウォーズとの相性は抜群だった。

ただ一つ決して文句ではないのだが主人公のレイ。強すぎる笑。天才とかの話じゃない笑。
まず勘でフォースを使っていた笑。しかも人の心を操り、意のままにする技笑。オビワンもかつてあっさりとやっていたことだがフォースのフの字も知らなかった少女が見よう見まねで人の心を難なく操ることに成功。こっわ笑。
そしてもう一つ。純粋に強い剣術的な意味で笑。そらもちろん皆さんご指摘のカイロレン弱すぎな点もあるだろうが(冒頭のレーザーをフォースで止めるシーンでこいつ歴代最強なんじゃないかとワクワクしたんだけど笑)。まあ次に強くなって登場するであろうカイロレンも楽しみですね。
また一段と「強力なフォースの持ち主」という便利な言葉がインフレを起こしたなと感じた。ルークもアナキンも初登場時はフォースもライトセーバーも使えてなかったのに。とゆうかあなたまだ何の修行もしてないよね?笑

そして何よりこのシリーズの特徴。割と重要な人気キャラを殺すという日本の作品だったらタブーであろう演出を毎回取り入れるという点。
自分はあまり先読みせずに映画を見てるので実際にあの2人があの橋のような場所で対面するまでまったく死亡フラグを読めず、そのシーンになった途端、うわぁマジかぁソロ死ぬのかうわぁとなり、割とヘコみました笑。
エンドクレジットの最初にハリソンフォードが出てきた辺り彼のための映画であった気もした。以前は存在しないと言っていたフォースもジェダイも認めていて、その言葉を口にして存在するとハッキリというシーンはゾクゾクした。

また何度観ても拾いきれないほどの小ネタが詰まっているようで、レイに心を操られたストームトルーパーの中身が実はダニエルグレイグだったり、レイのフラッシュバックのシーンでかつてのオビワンを演じたユアンマクレガーの声が入ってたりと説明されても気付かないトリビア的なものがかなりあるらしい笑。
何回観たら全てに気付けるんだろうか笑。
ストームトルーパーの中身がナイジェルゴッドリッチなんだって言われてもわかんないよ笑。

正直新三部作の第一作目にして世界的に盛り上がりすぎんたんじゃないか感もあるけど早く続きが見たい。
そしてルークは美味しい登場したけど死なずに活躍できるのだろうか?笑

2015年12月27日(日)1回目@TOHOスカラ座
2017年12月24日(日)2回目
わずや

わずやの感想・評価

3.1
スターウォーズやってるなー感
草もち

草もちの感想・評価

2.9
スターウォーズマニアでもファンでもありません。純粋に映画としての感想は普通。
シリーズは今までのものは見ていますが、エピソード1〜3の方が面白く感じました。

あっち行ったりこっち行ったりと落ち着かない、だから印象に残るシーンもなく内容が薄く感じられました。

ファンのみなさんすいません。
すい佳

すい佳の感想・評価

5.0
待ってました。という感じです。
KIHO

KIHOの感想・評価

3.5
ダース・ベイダーの物語は幕を閉じ、物語は全く新しい展開を迎えます。エピソード7からは、勇敢で知的な女の子のレイと悪の組織から逃げ出してきた黒人のフィン、暗黒面に憧れるカイロ・レンの物語です。

このエピソード7はスターウォーズ史上最も繊細に作り込まれた作品となっています。何が作り込まれているかというと、絶対にこけないように作られているんです。新しいキャラクターのスターウォーズらしい冒険活劇を生々と最新のVFXで生々と描きながら、昔からのスターウォーズファンをも楽しませてくれる素晴らしい作品に仕上がっています。ミレニアムファルコン、Xウイングなどのガジェットはもちろん、ハンソロ、レイア姫、ルークのキャストは旧シリーズからの続投!怪獣に襲われたり、デス・スターを彷彿とさせる巨大秘密兵器が登場したりとエピソード4を思い出させるコンテンツが目白押しです。

そもそも、久々のスターウォーズシリーズで、しかも全く新しいスターウォーズストーリーということで、「どんなにいい作品を作っても叩かれる」と言われていた本作(エピソード1はラジー賞に多数ノミネートされました。)。蓋を開けて観ると、大成功でした。JJエイブラムスの新しいファンも往年のファンもしっかりと満足させる細心の注意を払った緻密な作品づくりを感じることができます。

フォースと共にあらんことを
456123と観てきて、やっと7を鑑賞。

最高。。

もともと007とかダークナイトシリーズとかオマージュ系に弱い私ですが、
このオマージュ連発映画は終始、
興奮しっぱなし。

フィンがリアリティがあって好き。今時は頼りない男子のが多いからね、俺みたいに。

ハンソロ大好きなので、ほんとに目が離せなかった。ネタバレは書きません。

レイがハリポタのハーマイオニーにしか見えないほど人間的に強い女性。
ワンダーウーマンといい最近は強い女性が多いね。いいと思う。

さあ、次はローグワン?はたまた最新作?

とりあえずワクワクしっぱなしの2時間弱でした!
パコ

パコの感想・評価

4.4
めっちゃ面白かった!!!
色んな人がいっぱいでてきてついて行くのに必死だったけど、6までの大好きな人達が揃って嬉しい。今日は最新作を見に行く!
>|