dada

オーバー・ザ・ブルー・スカイのdadaのレビュー・感想・評価

3.9
一枚しかレンタルDVD無い作品が実は良作!ということが結構多く、これもその一枚となりました。
二人の情熱的な愛とブルーグラスの綺麗な音色とは裏腹に物語の展開は断崖に向かって行きます。ある意味ポスターのイメージ通り挑発的で時間が経つにつれて切り口は宗教や倫理観にまで及びます。
愛が破綻するのってだいたいが自分のことばかりになった時で、寛容とか共感なんて文字は全く頭に浮かばず、ひとりよがりで頭でっかちになってパチンと弾ける。思いが本当なら伝わるはずだと思っているけど、でもそれは余韻みたいなものでいつ届くかなんてわからなくて、だいたい時すでに遅しです。