オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主の作品情報・感想・評価

「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」に投稿された感想・評価

ちひろ

ちひろの感想・評価

3.5
幽霊が見えたり、惨劇が起きる前の兆候がわかる特殊能力を持った主人公オッドが彼女と事件を解決していく青春ミステリー的な感じ。
普通よりはちょっとおもしろかった。
Riz

Rizの感想・評価

3.5
なんとなくで見たのに想像以上に面白かった‼︎
SanaeShana

SanaeShanaの感想・評価

4.0
犯人も、結末も読めるけど、それでも切ない。コミカルに始まり、本人の解説で事件を解決して行くコメディ要素満点な所から始まり、後半は割とシリアスに運命と向き合って行くお話。
最後は涙が止まらなかった。
アントン・イェルチンがタイプ過ぎて、というか、キャラがハマりすぎてて観た映画だったけど、
宿命と向き合うには相当の忍耐が必要だ。

このレビューはネタバレを含みます

軽く観てたら最後で泣かされる。
ハンカチ2枚必須😭😭

多分、“最後で泣かされる”の様な書き方もネタバレになっちゃうかも。
⚪概要とあらすじ
ベストセラー作家、ディーン・クーンツの小説「オッド・トーマスの霊感」を基に『G.I.ジョー』シリーズなどのスティーヴン・ソマーズが映画化したアクション。

オッド・トーマスはダイナーに勤務する20歳のコックである一方、実は霊能力の持ち主。女の子の霊に導かれて殺人犯を捜し出すなど、死者が見えると放ってはおけない。そんなある日、ダイナーでボダッハという気持ち悪い悪霊を大量に見つける。ボダッハは流血の惨劇が近づいていることをときに現れる悪霊。オッドは町の危機を救うことができるのか...。

⚪感想
「''奇妙(オッド)''は本名だ」

完成度めちゃくちゃ高い!!!!ホラーとアクションとラブストーリーとコメディのバランスの良さが極み。

映像も綺麗だし、脚本も演出も凄い。惨劇を呼び込む悪霊ボダッハや爆破のCGクオリティの高さ。悪霊や超常現象などの映像を『アバター』などのVFXチームBUFが手掛けているからかな。
赤色の配色が好みで、蝶々の演出が個人的に好きだった。

霊感を持つ青年オッド・トーマスがとにかく頑張りすぎる。それを支えるヒロインと警察署長。

ウィレム・デフォーが最高。優しい人で、主人公を支える役の合いすぎ。悪役顔って言われがちだけどこの人は良い人役最強の強なんだよ!!

だいぶ驚きの展開続きだけどラストはさらに驚きの展開だった。
こういう展開めちゃくちゃ好きだけど切ない。

めちゃくちゃ続編作って欲しい作品だなって思ったけど、主演のアントン・イェルチンは亡くなってしまっているのか。
顔もかっこよく素敵な俳優さんだと思ったから残念。しかもちょうど『アトランティスのこころ』も観ていたからなんか複雑。

ちょっとだけ『シックスセンス』を思い出した。
困ってる霊を見るとみんな助けてしまうのね。

また忘れた頃にみたいに作品。

⚪鑑賞
GYAO!で鑑賞(字幕)。
意外に評価高くて驚き。

海外ドラマでありそうな内容

死者の魂が見える主人公が町を守る為
霊能力を駆使し犯罪など阻止するお話。

興行収入を見ると大ゴケした作品かと思われます。
そんなに悪くは無かったような気がしますが…

B級なのかと思いましたが
割とGIジョーの監督さん。

GIジョーと比べてしまうとcgがかなりチープ。
もう少しレベルの高い映像も作れたのではと思わされます。

主人公の語りは逆に流れが悪くなる様な気がしました。

霊とは別に死神的要素の物も見え
それに霊能力がバレると殺されてしまうという設定はどこに行ったのか。

恋人とのシーンはどれも楽しそうで
応援したくなる様な2人でしたが…

ホラーの様な内容だが全体的にコミカル要素が多く
観ていて飽きない。


主人公の戦闘能力を活かせないのであれば
特に設定に加える必要はなかったかもしれない。
冒頭でアクション盛りだくさんなのかと
期待してしまいました。
miya

miyaの感想・評価

3.6
最後のシーン泣けた。
ストーリーがわかりやすくて、ハラハラドキドキの展開が面白い。
まる

まるの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最後が辛い…ハッピーエンドで終わると思ってた。
>|