バチカンで逢いましょうの作品情報・感想・評価

「バチカンで逢いましょう」に投稿された感想・評価

オマ、娘、孫が3人並んで浮気された孫を慰めるシーンがよかった。

3世代のガールズトークしてみたいと思った。
Meguuuu

Meguuuuの感想・評価

3.5
あんまり面白くなかったけどとりあえず景色が最高。
ひろ

ひろの感想・評価

2.5
オマがチャーミング!
娘からしたら笑えない赦しw

日本も一時ベスパ流行ったよな〜
Sumrain

Sumrainの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

仕事をやめたカナダの老婆は、信仰する法皇に会いに行くため娘の反対を押し切りローマへ赴く。孫娘の家に居候しつつ法皇に会おうとするも上手くいかない。そして結婚しようと言ってくる謎の老紳士と遭遇したり、彼の甥のドイツ料理屋を手伝ったりする。娘は情熱的な夫の気持ちに日々の忙しなさで気づかない。孫はロックスターに浮気される。祖母は娘にかつてイタリアでの一夜の過ちを告白する。滅茶苦茶になった三人はローマの町で、それでも確かに自分たちは家族だと再確認した。血の繋がりだけが家族ではなく、魂の繋がりが大事なのだ。ローマまできた娘の夫、マジでかっこよかった。セックスは我慢できないよな(もちろん、半分はジョーク)。
ほっこりする
ビールが飲みたくなる映画。ローマの街角の小さな食堂で。白ビール!おいしそう!!

白ビールはベルギーかドイツ。
ですが、主人公はドイツ人、訳あって舞台はローマとバチカンです。

婆ちゃんが主人公って珍しい。
人情有、ロック聞いて縦ノリ、ビール飲む、お茶目な婆ちゃんだな〜 気楽に見れそう♪

と思いきや。
後半に彼女の抱える秘密を知った時には驚き。婆ちゃんの秘密、その娘の家族問題、孫の初恋、3世代それぞれが交錯。設定が都合良すぎなところは惜しいけど、基本ドタバタコメディで、楽しめました。


家族って近いところにいるのに、本音を言えなかったりする。

うむうむ。
自分のことを想って、行動やアドバイスくれたりするのは分かってる。
でも本当に自分のやりたい事と大きく違ってたりする。
とっとと話せば何でもないのに、放置するから言い出せず、問題が大きくなるという(笑)


そしてローマはやっぱりVespa!
「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンが乗っている、あのバイクです。婆ちゃんがローマでVespa乗ってる!気持ち良さそう。

学生時代にVespa好きな友達がいて、よく乗り方を教えてもらいました。当時はマニュアルでギアチェンジ(半クラッチ)を左手でする。これが硬くて難しい。車体も重くコケたら大変。今はATもあるらしい。
ということは、そのうち技術進歩により自動運転Vespa なんて発売されたら、、夢もロマンも何もないなぁ(涙)と、ふと思いました。

主人公の婆ちゃんは、「バグダッド・カフェ」にも出ていたマリアンネ。久々に見返したくなりました。

ローマやバチカンの風景がとてもきれい。でも、あの明るいイタリア語は少なく、大半は力強いドイツ語が聞こえてくるという(笑)

久々のドイツ映画でした。


「イタリア人は愛に弱い」
ゆめの

ゆめのの感想・評価

3.0
わたしも楽しいおばあちゃんになりたい
行動力に溢れたドイツ系のおばあちゃんがイタリア・バチカンで騒動を起こすコメディ映画。

キリスト教の「赦し」がテーマながら、見ていて明るい気持ちになれます。
>|