よしき

17歳のよしきのレビュー・感想・評価

17歳(2013年製作の映画)
5.0
さすがオゾン、素晴らしい映画。

この映画を恵まれた家庭生まれなのに援助交際をしてしまっている友達に見せてやりたい。
そもそも援助交際とは悪なのか?
そこには社会的要因と家庭的要因が大きく関係していて本質的な善悪をつけるのは容易ではない。

この映画のプロットは単純で、売春をし親にばれ、そこから彼女が厚生する?しない?、という話。弟視点の描写が上手いなぁ〜って思った。
まさかのシャーロットランプリングが出てきてビックリ!あそこで彼女は救われたのではないかだろうか。