大人ドロップの作品情報・感想・評価

「大人ドロップ」に投稿された感想・評価

池松壮亮てちょっとぶっきらぼうな喋り口調が本当によく似合う、色気。

そして小林涼子が可愛すぎる
ほんと

可愛すぎる。2人の教室でのラストシーンがいい。
yurika

yurikaの感想・評価

4.2
分かりやすく万人受けするタイプの映画じゃないかもしれないけど、お気に入りの作品になった。

思春期のモヤモヤを主要キャスト4人が好演していて、
全編?伊豆で撮影されたという、ロケーションもすごく良い。

全体的に、「全部は言わない、描かない」感じが、観てるこちらの想像を膨らませるし、
良い意味で映画の世界と自分との対話との行き来ができる。

これは、見るたびに感想が変わりそう。
また観たいな。

「なんとかはするためにある!」

余談、小林涼子はドラマ版砂時計の杏の子供時代で知ったから、そのイメージが強いんだけど、池松くんは映画版の大悟の子供時代だったなぁなんて思ったりした。
ケーブルテレビにて。高校生の夏を描いた青春モノ、といった感じの途中までは好きだった。途中からの部分があまり好きではなくて、学園祭の辺りからはまた好きな感じに戻った。この好きな感じだけが続いていたとしたら、かなり好きな映画だったかもしれない。小林涼子さんの勝ち気なキャラが良くて、もっと主人公とのやりとりを映しているようだったらなお、好きだったんじゃないかなと思う。
ミ

ミの感想・評価

3.4
好きな人が目の前にいるのにあと一歩が踏み出せないもどかしい感じとか 言われて初めて気付く自分の気持ち。自分も同じ高校生だけど 高校生ってずるいな〜って思った。高校生を羨む気持ちは年が増すたびに大きくなると思うな
光

光の感想・評価

-
キロク
a

aの感想・評価

3.5
見終わって不思議な気持ち、
ただハルの可愛さと、由はぴったり池松壮亮がはまり役だった。
ryo

ryoの感想・評価

-
今しかできないこといつも考えて
早く大人になりたいと思えば思うほど
目の前のほんとに大切なものが見えなくて
背のびして…でもなにかが違うんだよ。
何度もそんなことを心の中で繰り返して…

“泣きたいときは泣けばいいよ”
その言葉が心を楽にしてくれる。。
>|