肉浪費

そこのみにて光輝くの肉浪費のレビュー・感想・評価

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)
3.8
"そこのみにて"光り輝くとはいったいどういうことだろう?どこ?そこ?ここ?"そこの身にて"ということなんだろうか?そうだとしても言い回しが高度で自分にはわからないので教えて欲しいです。

これは男女の愛のストーリーというよりも親友との話かも知れないw
それだけに菅田将暉さんの演技は一番に印象に残る。快活、単純で良い意味でも悪い意味でもバカw誰とでも仲良くなれるタイプ。もう現実に友人に欲しいw直情的じゃなければ(笑)たぶん一度の逮捕歴も家族、お姉さんのことに関しての傷害事件のような気も伺わせる。

パチンコ店でライターの貸し借りが自分の人生を変える出会いになる縁になるなんて人生はわからないwそれだけに一期一会は大事にしなければいけないなぁと映画のテーマとは違った鑑賞感w
それでも、初見であんな適当にライターぽいされたのに自宅に招いて恩赦に飯を奢る(自身が作るわけでもなしにw)って展開が唐突過ぎるだろ!(笑)
その出会った友人の家族関係が闇深すぎて、どうも観ていて心底キツくなってしまうのがなんとも…

皆さんのレビューでは1シーン1シーンを撮りたい構図でカッチリ嵌るように撮られているのが高評価に結びついているようだ。そこは見事と思いつつも、そのシーンいるか?と現実に戻されるような必要不必要を感じてしまうくらい唐突な展開が頻発が自身がハマり切れなかった原因ですね…

それでもどんなに暗くてもへこたれそうな人生でも、底辺な人生でも「誰かが見ている(応援している)」そう思わせるような光射す美しい光景、人生が待っていればいい。
今後の彼らに幸あれ!と強く願う鑑賞感はいい。