ナオヒレットヨハソソソ

そこのみにて光輝くのナオヒレットヨハソソソのレビュー・感想・評価

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)
3.7
『物憂げな美』

心に闇を抱えた男と女を中心に進んでいく物語。

さびれた雰囲気の漂う歓楽街のネオンの明かり。
孤独に寄り添うかのような美しい自然風景。
物憂げな雰囲気の中に美しさを感じるような作品でした。

そして役者達の演技も良くて、街や自然の風景と心理状態などがうまく交差していて見応えがありました。

重いテーマの作品ではありますが、主人公やヒロインが時折見せる笑顔が真っ暗な闇の中で見える一筋の光のよう。
そんな微かな光が美しいとでも表現しましょうか。
個人的にはそんな魅力を感じた作品でした。